グラビアアイドルの「クソリプおじさん」コラムがネットで話題を呼んでいる。なぜおっさんは若い女性にクソリプを送ってしまうのか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が考えた。

 * * *
 断言しますが、SNSを使っているおっさんは、例外なく「クソリプ」をしています。私もきっとたくさんしてしまっています。「俺は大丈夫」「俺は気を付けている」と思っている人ほど、その悪質性も繰り出している頻度も高いと思ったほうがいいでしょう。

「クソリプ」とは「クソなリプライ」の略。もともとはツイッターで誰かに充てて送られるリプライの中のクソなものを指しましたが、今ではフェイスブックやインスタグラムのクソなコメントのことも含まれます。「クソ」呼ばわりされるのは、送られたほうが心底ゲンナリしたり、あまりの空気の読めなさに呆れたりするから。

 グラビアアイドルの倉持由香さんが、7月26日にアップされた「BLOGOS」の連載コラムで「クソリプおじさん」への怒りを爆発させました。彼女のまたの名は「尻職人」&「グラドル自画撮り部部長」。ツイッター上で日々、自らの100センチの尻にフォーカスした自画撮り写真を頻繁にアップして世の男性にたくさんの喜びや癒しを与えてくれています。

 コラムのタイトルは〈「おっぱい見せて」クソリプおじさんに悩まされ続ける26万フォロワーの尻職人〉。クソリプがいかに心にダメージを与えるか、いかに多種多様なタチの悪さを持っているか、怒りを炸裂させながらもシリ滅裂ではなく理路整然と解き明かしています。おっさんとしては正座して拝読したいところ。もちろん若者がクソリプを送っているケースも多いでしょうが、そんな奴は年齢に関わらず立派な「名誉おっさん」です。

 秀逸なのは、クソリプおじさんを野球のポジションに例えた図。守備位置ごとに「ピッチャー/行けないな〜おじさん」「キャッチャー/自炊しろおじさん」「ショート/自分語りおじさん」「ライト/おっぱい見せておじさん」などと名付けられています。図のタイトルが、なぜか「クソリプで打線組んでみた」になっているのは、まあご愛嬌ですね。

 尻職人の悲痛な訴えから「クソリプおじさん」にならないための心得を学びましょう。おっさんとしてとくに心に刻みたいポイントは、たぶんこの3つです。

1.正論を振りかざしておせっかいな助言をするべからず

2.得意ジャンルだからといって無駄に張り切るべからず

3.相手の気持ちを無視した自分アピールをするべからず

 1.の「正論を振りかざしておせっかいな助言はするべからず」は、彼女が富士そばの写真をアップしたら「自炊しないとダメですよ」「野菜が足りてないですよ」と言ってくるような人に学びたいポイント。「なぜそれがクソリプなの?」と思ったあなたは、かなり重症です。本人は理由や好みがあって食べているのに、見ず知らずのおっさんにダメ出しされるいわれはありません。

 彼女はコラムの中で〈そういうおじさんは、会社で女性社員がファミチキ食べてたりしたら「太るよ」とか「肌荒れするよ」とか言うんでしょうか!? そんな社会生活を送っていたら女性社員から嫌われちゃうと思うんですけど。〉と書いています。まさにそのとおり。相手がタレントや著名人だと、面と向かって言えないことを言ったりいきなり強気になったりする人は少なくありません。たいへんみっともないので厳に慎みましょう。

 2.の「得意ジャンルだからといって無駄に張り切るべからず」は、彼女が「はじめてのベース!アルプス一万尺を弾いてみたよ!」という動画をアップしたら、「ピックの持ち方が違う」「手首硬い」などと言ってくるような人に学びたいポイント。これも「アドバイスしてあげて何が悪い!」と、その行為の卑しさに気づいていないおっさんもいそうです。

 それはアドバイスではなく、自分が楽器にちょっと詳しいことを自慢したいだけ。若い女性のフェイスブックのコメント欄には、こうした「頼まれてもいないのに教えたがる=ここぞとばかりに優位に立ちたがる」おっさんがたくさん湧いて出てきます。おっさんは威張れる場面が少ないので、得意ジャンルの話になると張り切る気持ちはよくわかるんですが、優位に立つどころかむしろ憐みの目で見られていることは自覚しましょう。

 3.の「相手の気持ちを無視した自分アピールをするべからず」は、彼女がほかのグラドルと何人かで集合写真を撮って、全員をタグ付けして写メを載せると、全員が読めるリプで「もっちーが一番可愛い」って送ってくるような人に学びたいポイント。送った側は喜ばれていると思っていそうですけど、送られた側の気まずさは半端ではありません。

 ほかにも、彼女が言うところの「隙あらば自分語りおじさん」や、イベントの告知に対して「そもそも行く気ない上に行けませんコメントおじさん」も同類です。日頃、周囲に相手にしてもらっていないおっさんは、ついつい自分のことを唐突に語ったり「俺はここにいるぞ!」と叫びたくなったりしがち。当然ですが、おっさんの自分アピールなんて誰も興味ありません。誘惑に負けずに、全力で控えましょう。

 このコラムは大きな話題となり、彼女のツイッターにもたくさんの反響が寄せられました。アップから2日後の28日の朝に、そこでもまた多くのクソリプおじさんをゲットしたとブログなどで報告しています。「最後まで読まないおじさん(条件反射リプ科)」「ブラック企業おじさん」「お客様は神様だぞおじさん」「おじさんに過剰反応おじさん」など11種。ああ、クソリプおじさんの闇は広く深い……。

 おっさんの振り見て我がおっさんの振り直せ。SNSで知らないあいだに顰蹙を買わないために、書き込む前には「これはクソリプではないだろうか」と念入りに自問自答しましょう。「そんな面倒なことをするぐらいなら、どう思われてもいいよ」という方もいそうですけど、本人はよくても送られた側や世の中が迷惑です。おっさんの評判をこれ以上悪化させないためにも、クソリプ撲滅に向けて力を合わせてがんばりましょう!