【書評】『悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論』/佐藤優・著/朝日新書/780円+税

【評者】香山リカ(精神科医)

 現代社会を生き延びるためには、「悪魔」の存在に敏感にならなければならない。本書の著者は繰り返しそう言う。「悪魔? なんだオカルトの世界の話か」と思ってはいけない。著者が言う「悪魔」とは「悪が人格化したもの」であり、それは今も存在する。それどころか「権力とカネをめぐる腐敗の構造、すなわち悪の構造は、時代を経ても変わらない」中、「悪魔」は今ますますその動きを活発化させているようだ。

 もちろん、私たちのような小人物がいきなり「悪魔」になるわけではないようだが、著者によると、悪は誰の中にも潜んでおり、いったん悪にとり憑かれると「個人的な活動の限界も、個人的な責任の限界も越える」という性質がある。たしかに「どうしてあの人が」というような善良そうな人が、ある状況や組織の中に置かれると、あっと驚くような不正や悪事を働いてしまう例も少なくない。

 では、私たちはどうやって「悪魔」から身を守り、自らもそうならないようにすればよいのか。著者は聖書や神学書、『闇金ウシジマくん』などのマンガや小説までを縦横無尽に引きながら、この世の中にある悪に対して感度を上げていくためのコツを教えてくれる。

「悪魔のささやきに反応するかしないかは人間次第」「受けるよりは与える方が幸い」「生き残るために、弁論や議論の技術を磨く」「他人を手段として使わず、誠実につきあう」「直観というふしぎな力を働かせる」「斜めから見たり、裏返したりしてみる」

 精神科医の私は「病」に陥った人を治療するのが仕事だが、著者は人間から取り除くことが困難な「悪」の働きを少しでも抑えるためにはどうすればよいのか、というきわめて本質的な問題に生真面目に取り組もうとしている。

 なお巻末に小さな活字で「新約聖書の読み方」が付録としてつけられているが、そこに書かれた「抜き書き」「断片読み」などの技法は読書術としてきわめて有用。学生や若手社員にもぜひ勧めてほしい。

※週刊ポスト2017年8月11日号