夏は体重が減りやすく、「痩せるチャンス」とダイエットにトライしがちだが、この「体重が減りやすい」というのが落とし穴だ。『いまさら聞けない健康の常識・非常識』(主婦の友社刊)の著者で、池谷医院院長の池谷敏郎医師がいう。

「夏場に1日にして体重が1〜2kg落ちるのは、基本的に大量の発汗による『脱水症状』でしかない。高齢者にとって脳梗塞や心筋梗塞などの危険が高まっている状態なのです」

 そんな中での「カロリー制限や糖質制限は高リスク」と指摘するのは、管理栄養士の望月理恵子氏だ。

「いずれのダイエット法も栄養バランスを崩し、体力を奪って免疫力を低下させる恐れがある。

 夏場こそすぐにエネルギーになる糖質をなるべく摂るべきです。さらにエネルギー、糖質不足は夏バテや夏風邪を引き起こしやすくなります。夏風邪は長引く特徴があり、体力の衰えている高齢者の場合、肺炎につながりかねない」

 そのため、夏は年間でも特に食生活に気を遣うべきシーズンといえる。

 食欲が落ちるこの季節のランチの定番といえば「素麺」や「冷やし中華」だろう。ただし、同じ“定番”でも両者の間にははっきりと優劣がある。

「素麺1人前はご飯1膳よりカロリーは多いものの、腹持ちが悪いため、ついつい食べ過ぎてしまう。しかし、素麺自体にはビタミンやミネラルなどの栄養素はほとんど含まれていません。一緒に副菜を摂るなどの工夫が必要です。

 同じ麺類なら、野菜をたくさん乗せて食べる冷やし中華のほうが健康管理に適している。特にキュウリやトマトなど旬の夏野菜は、ビタミンやミネラルに加え、水分が多く含まれているため、脱水症状や熱中症の予防にもなります」

 食欲減退の夏といえば、「カレー」も出番が多くなる。グルメ雑誌でも夏になると盛んにカレー特集が組まれるが、これも食べ過ぎには要注意だ。

「香辛料たっぷりのカレーは、胃を刺激して食欲や消化機能を高める効果があります。でも、冷たいものを摂りがちな夏は胃腸が弱まっている人も多く、そこに香辛料を摂りすぎると、弱った胃粘膜への過度なダメージとなる。

 また、夏のスタミナ食の代名詞、ウナギも胃腸には優しくありません。脂が乗っているため消化に時間がかかる」(同前)

 もはや“熱帯”となった日本の夏。普通に生活しているだけで暑さによるダメージは蓄積されてしまう。自分の体が「弱っている」ことを踏まえたうえで、対策を取ることが肝要だ。

※週刊ポスト2017年8月11日号