あなたは「インスタ映え」という言葉をご存じだろうか。写真SNS「インスタグラム」に投稿すると受けそうな被写体を指す。だがおっさんがウカツに使うと危険だ。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が指南する。

 * * *
 食べ物も風景も文房具も、世の中のものすべてが、大きくふたつに分けられようとしています。見栄えが良くて「インスタ映え」しそうなものと、どうひっくり返しても「インスタ映え」しそうにないもの。猫も杓子も女子も一部のおっさんも、四六時中「インスタ映え」する被写体を探し求めてスマホを握りしめています。

「インスタ」は、もともとはSNSの「インスタグラム」の略でした。ところが、今や若者のあいだでは、スマホやデジカメで写真を撮ることや撮った写真のことを「インスタ」と呼ぶようになっているとか。私たちおっさん世代が、携帯電話で写真を撮ることや撮った写真を「写メ」と呼んでしまうようなものでしょうか。

 昨今、新聞やネットニュースの見出しでも「インスタ映え」という言葉よく見かけます。どこかのホテルが「インスタ映え」を重視したスイーツを並べているとか、「インスタ映え」するスポットの人気の秘密を探ったりとか。はたまた〈インスタ映えは「インスタ蠅」!ネットでそろそろ「うざい」という風潮に〉という記事もありました。

 多くのおっさんにとってインスタグラムは、ちょっと覗いてみたことがあるぐらいがせいぜいで、いまいちハマれないし何が楽しいのかもわかりません。ただ、これだけインスタやインスタ映えという言葉が広がると、話の中で触れざるを得ない場面が出てきそうです。迂闊なことを言って若者、とくに女性から白い目で見らないように、どんどん勢いを増す「インスタ映え狂想曲」との大人な付き合い方を考えてみましょう。

 まずは、これをやったら絶対に若い女性に嫌われる言動ベスト3。

1.オフィスや外回りの途中で、女性の部下に『ほらほら、あの雲、インスタ映えしそうだよ。撮ったほうがいいんじゃない』と勧める(親切のつもりかもしれないが、かなりうっとうしい。もちろん雲じゃなくても同様)

2.飲食店で女性が食べ物や飲み物にスマホを向けたら、微笑みつつ「インスタ映えしそうだから、撮りたくなるよね」と理解を示す(若者文化についていけているところを見せたいのかもしれないが、かなり気持ち悪い)

3.飲み屋のおねえさんなどに、服やアクセサリーをホメるつもりで「おっ、いいねえそれ。いかにもインスタ映えしそうじゃない」と言う(言われた側にしてみればバカにされたようにしか聞こえず、かなり腹立たしい)

 こうした新しい言葉に対しては、おっさんが半端に知ったかぶりをしようとすると、往々にして大けがをします。今ごろになって「最近、インスタ始めたんだよ。やってみるとなかなか楽しいね」なんて得意気に言うのも、本人は「アンテナが鋭い俺」を見せつけたつもりでいるかもしれませんが、周囲の若者は「おいおい、やっとかよ……。ってか、これからわざわざやんなくていいよ」としか思いません。興味を持って始めてみるのはけっこうですが、同年代の友達はさておき、若者には内緒にしておいたほうがいいでしょう。

 若者と差別化を図ろうとして、「インスタ映えだかショウジョウバエだか知らないけど、そんなにバシャバシャ撮ってどうするのかねえ」と首をかしげるのも危険。絵にかいたような「今どきの若いもんは言説」でしかないので、それをしたり顔で言える鈍感さや、よく知らない世界を根拠もなく否定できる傲慢さが浮き彫りになるだけです。

 おっさんが若者の前で「インスタ映え」という単語を口にしても大丈夫なのは、若者の側から「このお店のメニュー、インスタ映えするって人気なんですよ」といった発言があったときに、「ほお、インスタ映えか」とオウム返しで呟くときぐらい。そう、基本的には口にしないほうが安全。おっさんインスタ映えに近寄らず、です。

 ちなみに、キリスト教の最大の祝日であるイースター(復活祭)は、来年は4月1日。もしその日がいいお天気だったら、「今日はインスタ映えしそうなイースター晴れだね」と言うことができます。「来年の春に、きっと使ってやる」と強く心に誓って、今すぐ使いたい欲求を封印しましょう。それはそれで惨事を招きそうな予感がしますが、その頃にはきっともう流行っていないし、そもそもおっさんにそこまでの記憶力はありません。