日本に現存する最古の医学書とされている『医心方』。この6月に、その概要書ともいえる「『医心方』事始」(藤原書店刊)が発売され、にわかに注目が集まっている。

 平安時代の宮中医官・丹波康頼が編纂し、984年に時の朝廷に献上したもの。内容は、中国を中心としたアジア各国の200以上の医学や養生、鍼灸、陰陽道、占相、哲学などの文献からエッセンスを抜き出してまとめたものだ。

 全30集に及ぶ膨大な巻物には、医学概論や体のあらゆる部位の治療法、薬物の種類や扱い方だけでなく、占いやセックスの方法まで当時は“医学”と考えられていた分野に関するあらゆる項目が並ぶ。そのなかには、“鯉”に関するこんな記述もあった──。

 高齢化が進む現代日本では、白内障の患者数は1000万人以上いるといわれている。年齢を重ねるにつれて目の疾患にかかる人は増えていく。

《冷水で目を洗うと、目の熱気を奪うので、早く視力が衰える》(『医心方』・筑摩書房刊より引用。巻五第十三章より)

 現代人と同じように、古代の人たちも目の悩みに晒されていたのだろう。

《鯉胆の一尾分から汁を採り、それを綿に含ませて目を拭う》(同)

 鯉の胆のうから作った汁を、まるで目薬のように使用するのは、《老人になったように目が茫々とかすんだ場合の処方》(同)とある。

 鯉は耳の疾患にも効果があるとされており、次のように綴られている。

《鯉の脳だけを竹筒に入れ、その上を塞ぎ、蒸して溶かし、冷やしてから耳に注入すればすぐに癒る》(巻五第二章)

 鯉の脳と聞くと顔をしかめてしまいたくなるが、実はこれ、現代医学の観点からも決して間違った治療法とはいい切れない。川越耳科学クリニックの坂田英明院長が解説する。

「魚のなかでもとりわけ鯉の脳には傷んだ神経を修復させるビタミンB12が豊富で、耳鳴りや難聴の治療に用いられる成分です。また血行を改善するビタミンEや、むくみを取る作用のあるカリウムも豊富に含まれています。耳鳴りに有効な3つの成分が入っているので、一定の効果があったのかもしれません」

 もちろん当時は細かい成分の分析などはできない時代。にもかかわらず、有効な治療法を用いていた先人の知恵には頭が下がる。

 同様に、《耳が疼痛する場合の治療法》(巻五第三章)では、《塩を蒸し、これを患部に当てて温める》(同)とされている。

「耳が痛いというのは中耳炎のことだと思われますが、炎症によって血管が膨張して鼓膜を圧迫することで痛みが出るのが中耳炎です。塩(塩化ナトリウム)には交感神経を刺激した血管の収縮作用があるので、応急処置としては理に適っていると思います」(前出・坂田院長)

 痛みや違和感といった病気の症状だけでなく、現代人のエチケットも守備範囲だ。

《大豆を炒って焦がし、熱いまま酢に入れ、その汁を取ってこれを含むこと》(巻五第五十二章)

 今にも香ばしさが漂ってきそうなこの方法は、口臭対策。口臭治療を専門とする中城歯科医院の中城基雄院長は感心の声をあげる。

「酢には殺菌、抗菌作用があり、口腔内にいるにおいのもととなる菌を退治します。口に含むだけでなく、大豆をそのまま食べるのも効果的だったでしょうね。炒ることで抽出されやすくなるイソフラボンには食べたものを正しく栄養に変える働きがあり、胃の負担を軽くするとともに、腸内腐敗臭に由来する口臭の予防に効果が期待できます」

※女性セブン2017年11月2日号