体のだるさや不調を感じる「秋バテ」の時期、疲れているのは体だけではない。季節の変わり目、頭皮や髪の毛もダメージを受けている。そんなときは、思い切ってノープー(ノー・シャンプー)がいいかも!? シャンプーを使わずにお湯のみで汚れを洗い流す“湯シャン”は、ミランダ・カー(34才)、タモリ(72才)、福山雅治(48才)といった海外セレブや芸能人も実践している。

◆コツはブラッシング

 汚れをきれいに落とす湯シャンのコツは、ブラッシングにある。AGAヘアクリニック院長の水島豪太さんが言う。

「洗う前に丁寧にブラッシングをするだけで、かなりの汚れが落ちます。毛先から根元へと何度もブラッシングをしながら、きっちりと汚れを落としましょう」

 お湯は熱すぎず、冷たすぎず、40℃以下のぬるま湯がベスト。

「たっぷりお湯を出して、頭皮を傷つけないように、手ぐしやヘアブラシを使いながら優しく洗い流します。シリコンブラシで頭皮をゴシゴシこするのはNGです」(水島さん)

 可能であれば、髪全体をお湯につけると洗い残しを防げる。

「浴槽で仰向けになって、顔だけを出して髪全体をお湯につけると、汚れが落ちやすいです。お湯につかったまま指で頭皮を30秒くらい軽くマッサージして、シャワーで流します」

 抜け毛や白髪など加齢とともに気になる悩みも解消してくれる湯シャンだが、これまで当たり前だったシャンプーを使わなくなるのは髪の毛や頭皮にとっては大きな変化。最初はトラブルが起こることもある。

 白金ビューティフルエイジングクリニック院長の山口麻子さんが言う。

「シャンプーすることで頭皮は失われた皮脂を補おうと常に過剰に分泌されている状態です。シャンプーをやめてもその状態はしばらく続くので、半年くらいべたつきが気になることもあります。気になる人は3日に1回、1週間に1回などご自身が気になるタイミングでシャンプーするといいと思います。回数を減らす、シャンプーの量を減らすことから始めてみましょう」

 また、頭皮の肌質によってはシャンプーをやめることが逆に負担をかけ炎症などを起こす可能性もある。髪の毛や頭皮の状態を見ながら、チャレンジするのがオススメだ。頭皮の健康は、髪の毛だけでなく、顔のたるみや、頭痛、肩こりにもつながる重要なポイント。洗わないという思い切った美容法、まずは試してみては?

※女性セブン2017年11月2日号