餃子の皮は餃子作りにしか使えないと思っていないだろうか。それは大きな間違いだ。料理研究家の柳瀬真澄さんはこう話す。

「餃子料理には、焼き餃子、揚げ餃子、水餃子、蒸し餃子など、さまざまな調理法があります。それはつまり、餃子の皮も同様の調理が可能ということ。焼く、揚げる、ゆでる、蒸すなどの料理に幅広く使えます」(柳瀬さん、以下同)

 もっとも簡単なのは、鍋やスープなどの汁ものに、野菜など、ほかの食材と一緒にそのまま入れて煮込む方法。

「餃子の皮は、うどんやそうめんと同様、小麦粉、食塩、水が原料。つまり、“幅の太い麺”なので、汁ものとの相性は抜群。細く切れば、うどんやパスタの代用にもなりますよ」

 一度ゆでれば炒め料理にも使え、野菜やソースと炒めて焼きうどんやパスタといった主食にもなる。もちろん、包む食材や包み方を変えるだけでもバリエーションは広がる。

「包む食材は、肉、野菜、シーフードなどのおかず餡だけに限りません。あんこやフルーツを入れてオーブントースターで焼けば、スイーツにも大変身。ただし、水分の多い食材は皮に水分が浸み込んで破れやすくなるので、餡を包んだらすぐ調理しましょう。さらに、餡の入れすぎにも注意。特に、揚げる場合は、皮が開いたり破れたりすると水分が出て油ハネの原因になります」

 オーブントースターでカリッと仕上げるなら、約8〜10分程度の加熱が目安。オーブントースターなら皮が破れたりハネる心配もない。

「ただし、時間が経つと皮が硬くなって食感も悪くなるので、でき立てを食べるのがおすすめです」

■『餃子の皮のラビオリ』の作り方
【1】マッシュルーム2個と玉ねぎ1/8個はみじん切りにし、耐熱容器に入れて電子レンジで1分加熱し、冷ましておく。
【2】ボウルに、ひき肉80gと【2】を入れて塩・こしょう各適量を振り、よく練り混ぜて餡を作り12等分にする。
【3】餃子の皮6枚分(大判)を半分に切って【2】の餡を包む。
【4】鍋に湯適量を沸かして塩少量を入れ、【3】を加えてゆでる。
【5】湯を切った【4】を皿に盛り、温めたトマトソース適量(市販)をかけてバジル1枚を飾る。

※女性セブン2018年1月4・11日号