友達が多く彼氏や彼女もいて現実の生活が充実している「リア充」、ネットゲームやSNSでの友達やコミュニケーションが活発な「ネト充」はネットスラングだったが、いまではネットの外でも伝わる言葉になった。最近では、家(ウチ)の中での生活を充実させる「ウチ充」が人々の生活を変えつつある。ウチ充を担うものとしてはスマートスピーカーなどの最新機器に目を奪われがちだが、嗜好品のコーヒーやお酒などもウチ充アイテムとして人気を集めている。

「コーヒーのある生活はライフスタイルのひとつになったのだと思います」と話すのは、UCC上島珈琲株式会社・グルメコーヒー事業部の緒方恵介さん。

「少し前まで、コーヒーは飲み物のひとつとして選択されるのが普通でした。ところが最近では、雑貨やインテリアを選ぶように、コーヒーを淹れるシーンを生活に取り入れることが広がっているのを感じます。コーヒーは淹れるときの香りや豆の状態など、プロセスも楽しいものなのですが、その単なる飲み物としてだけではない部分が、自分の時間を過ごすツールとして選択肢のひとつになったと思います」

 コーヒーを淹れることにこだわるときくと、60粒の豆で淹れると決めていた大作曲家・ベートーベンのような、神経質な姿を想像するかもしれない。しかし、最近Instagramでも人気の「おうちカフェ」を実践してくつろいでいる人たちは、少しだけ手間をかけた、ほどほどのこだわりで楽しむスタイルが主流だ。そして「#うちカフェ」「#おうちカフェ」など、いくつかのハッシュタグつきで投稿されている写真の数々は、女性によるものが多い。

 SNSでの写真からみえる「おうちカフェ」は、ごく小規模なアレンジで実現可能な空間だ。部屋やキッチンの一角をカフェ風にアレンジし、インテリアや家具と合うデザイン性の高いコーヒー器具や食器をそろえる。そして、専門店で買ったコーヒーを自宅で淹れてくつろいでいる。

 この変化の背景には、2013年にコンビニ最大手のセブン-イレブンが挽き立ての豆で淹れた低価格のレギュラーコーヒーの提供を始めた影響が強い。

「コンビニのコーヒーをきっかけにして、これまでレギュラーコーヒーに親しむ機会があまりなかった人が愛好者になってくれています。最近では、コーヒー専門店でコーヒーを買われる方も増えています。コーヒーにもワインのように風味や香り、酸味や甘いものなど多様性があるのですが、好みや気分にあわせた楽しみ方が広まっているのだと思います」(UCC上島珈琲株式会社 COFEE ACADEMY講師・中平尚己さん)

 全日本コーヒー協会が2年に一度実施している調査によれば、一人一週間当たりのコーヒー杯数は、日本人がもっとも親しんできたインスタントは4.46(2012年)から3.95(2016年)と減少傾向にあるのに対し、レギュラーコーヒーは3.20から3.89へと増加している。このようにレギュラーコーヒーに親しむ人が増えるにつれ、コーヒー専門店での豆購入も増加している。

 家庭用コーヒーの年間購入金額をみると、2012年と比較してスーパーマーケットも109%伸びているが、コーヒー専門店は127%もの伸長を示している(SICデータより)。これらの変化は、ブルーマウンテンやコピルアクなどの高価なものに人気が集中しているのではなく、専門店ブレンドや、絶滅しかけた品種を復活させUCC上島珈琲が年に一度だけ限定販売するブルボンポワントゥのように、少し高くても普通ではない特別なものへの関心が高いことがある。普通と少し違うことは、SNSでのアピールポイントにも繋がりやすい。

 コーヒーと同じように、自宅でオシャレにくつろぐ様子としてお酒もよく選ばれている。こちらもSNSと親和性が高い女性からの反応が大きい。コーヒーのように飲む場所やその形態についての調査がないので分からないが、と前置きしつつ「たぶん、自宅でお酒を飲んでいる女性は増えていますね」と酒文化研究所の狩野卓也さんはいう。

「クラフトビールや日本酒のイベントなどがあると、女性客の増加が目立ちます。ちょっと変わったデザインのボトルやグラスがあると人気ですね。彼女たちは、さかんにスマホで写真を撮っていますよ。お酒を飲む目的には、コミュニケーションの手段やリラックス、酔いを楽しむなどがあります。いま、お酒を飲む女性たちの楽しみ方は、それらとも少し違う部分があるように思います」

 狩野さんによれば、かつて女性は人前でお酒を飲むことすらためらわれる風潮が強かったが、男女雇用機会均等法の施行により、男性並みに仕事をするならお酒も同じように飲む女性が出現した。その後バブル期にグルメブームが起きると、食への好奇心が強い女性たちによる、美味しい食事は美味しいお酒とともに味わいたいというムードが広がった。ワインや吟醸酒、カクテルなど様々な姿をしたお酒を楽しむ習慣が広まり、今ではお酒が好きだと女性が公言しても、奇異な目で見られることはない。

 女性とお酒の組み合わせが当たり前になったいま、少し違う楽しみ方をしているのかなと思わせられる場面がたびたびあると狩野さんはいう。

「4、5年前から、スマホで写真を撮ってネットにアップするということが、お酒を飲むときの楽しみのひとつに加わっていますね。女性は男性よりもコミュニケーションが好きで、ちょっといいことをした、雰囲気がよい時間を過ごしたということを、たとえそのときは一人きりでも誰かに伝えたい。SNSによってその場ができて、自己実現のアイテムのひとつに酒が選ばれていると思います。お酒そのものを伝えるのが目的なら、写真を加工する必要はないと思うのですが、たいていスマホで撮った写真を加工してから公開していますよね」

 自宅でひとりきりの静かな時間を過ごす満足を、誰かに伝える手段がかつてはなかった。ところが、SNSの普及によって、とかく否定的に捉えられがちだった自宅にいる生活が「ウチ充」というポジティブな意味を獲得した。新しい意味を得たことで、そこに求められるアイテムであるコーヒーやお酒も、単なる飲み物ではない存在感を放つようになったらしい。ウチ充は、次はどんな身の回りのものの意味を変えてゆくのだろうか。