全国の鉄道ファンが一度は必ず抱く夢が「鉄道会社に就職すること」。子供の時から鉄道に親しみ、鉄道とともに育ってきたような熱心な鉄道ファンは「鉄道会社に就職しようとしても敬遠される」というのがファンの間では定説だが、京王電鉄に勤める細矢和彦さん(53)は、日本のみならず海外にまで足を運んで鉄道の写真を撮影してきた“撮り鉄”だ。生家が京浜東北線・赤羽駅近くの線路沿いにあるという細矢さん。撮り鉄デビューはいつだったのか?

「小学4年生ぐらいから父親のカメラで電車の写真を撮るようになりました。きっかけは、自宅の前を走っている京浜東北線の103系という電車に冷房車がデビューしたこと。それがすごくカッコよかったので撮りたくて、南浦和にある電車の車両基地まで行きました。『すいませ〜ん、写真撮らせて下さい』って、小学4年生の小僧が交渉しまして。当時の国鉄の人は『いいよ。撮らせてあげる』と入れてくれて、とても良くしてくれたんです。

 小学5年生の時には東北線を走っていたEF57という電気機関車がカッコよくて、これを撮りたくなった。その頃はだんだん数が減っている時期で、運用を調べないと撮れなかったんです。それを調べるために『運用を教えてください』って宇都宮の運転所まで行ったりしました」(細矢さん。以下同)

 幼い頃から無類の行動力を発揮していた細矢さん。学生時代から鉄道会社でアルバイトし、京王電鉄に入社したのは1987年4月のことだった。その情熱は大人になってますます盛んになり、撮る対象はさまざまなジャンルに広がっている。最近も特別な1枚の撮影に成功したという。

「昨年の11月、ルクセンブルク大公が来日した時にお召し列車が走った時は、JRの職員が線路に出て車両に旗を付ける瞬間を撮ることができました。お召し列車に旗を付ける時は敬礼することを以前の撮影の時に見ていたので、その瞬間を撮りたかったのです。

 そしてその後、陛下がお召し列車に乗られた所も撮りたいわけですが、陛下がお乗りになる所は報道陣で一杯になってしまうので撮れない。だから発車して少し走り始めた地点で撮れそうな場所からシャッターを切りました」

 しかも、小柄な陛下と背の高い大公が1枚に収まるよう身を屈めてやや下から撮影することで“2ショット”が撮れたという。撮影場所といい、タイミングといい、さらにはそこでのポジション取りも含めて筋金入りの“撮り鉄”という印象だ。

 そんな細矢さんは長年、運転士として京王各線の運転を担当し、さらには運転士を養成する「指導運転士」もしてきたエキスパート。沿線の風景も知り尽くした細矢さんが勧める京王電鉄の撮影スポットはどこだろうか?

「1つ目は、笹塚から見た大きな富士山です。笹塚駅から少し幡ヶ谷寄りに跨線橋があって、その上から京王線ホームとその延長線上に見える富士山を捉えることができます。

 2つ目は『あじさいと井の頭線』です。あじさいが咲く季節、井の頭線の新代田と東松原の間の線路沿いあじさいが咲く場所があり、とても綺麗に撮れるスポットです。

 3つ目は多摩川の鉄橋(中河原〜聖蹟桜ヶ丘駅間)です。ここは季節によって色んな撮り方ができる場所ですね。青空を入れると、とても綺麗ですよ」

 運転士時代には、「あそこの桜が咲いたな」「あそこの木、切ったな」など、運転しながら車窓の変化に気が付き、乗務終了後に「次はあそこに撮りに行こう」と思うこともあったそう。そんな細矢さんは、現在は京王電鉄の電車・バス展示施設『京王れーるランド』(京王線 多摩動物公園駅下車すぐ)で働きながら写真を撮り続け、同施設内でも細矢さんの写真が数多く活用されている。俗に「趣味と仕事は別にした方が良い」と言われることがあるが、細矢さんの話を聞く限り、趣味と仕事がそれぞれを高め合うケースもありそうだ。