胃がんは内視鏡の進歩などで、早期での発見が約7割となっている。さらに大きな原因の一つであるピロリ菌の除去が広がっており、胃がんでの死亡率は減少傾向にある。

 胃がんの進行度合いは、がんがどこまで進行しているか、その深さで決まる。胃は粘膜と粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜の5層の構造で、早期がんは粘膜か粘膜下層に留まっているものをいう。

 胃がん治療の第一選択は手術である。かつては開腹で胃を部分的、あるいは全摘していたが、治療法が進化し、内視鏡や腹腔鏡を利用することで、胃を極力残す技術が導入されている。

 上部消化器に対する画期的な治療法を次々開発している昭和大学江東豊洲病院消化器センターの井上晴洋センター長に話を聞いた。

「胃がんの手術は、腫瘍の発生した場所、がんの深さや大きさ、広がりなどによって異なります。治療法を選択するためには、手術前検査で胃の中のがんの広がりを正確に把握することが重要です。事前に拡大内視鏡観察を重点的に行ない、切除すべき範囲を見極め、正常な胃は極力残すようにしています」

 胃の入口付近にできた、粘膜に留まっているがんは、内視鏡で対応できる。口から内視鏡を入れ、胃の中のがんが発生している粘膜部分を電気メスで剥離する方法だ。この場合、胃はそのまま残る。ただ、粘膜を剥ぎ取った場所が潰瘍になっているため、1か月ほど胃潰瘍の治療薬の服用は必要だが、治療3日後あたりで食事が摂れる。退院後は治療前と同じように飲食が可能となる。

 他方、がんの大きさが2〜5センチほどの胃粘膜下腫瘍に対する治療法として開発されたのが、CLEAN-NETだ。これは内視鏡と腹腔鏡を組み合わせて行なうもので、2つのカメラを使うことにより、切除する胃を最小限に留めることができる低侵襲な治療だ。

 患者に全身麻酔を施し、口から内視鏡カメラを挿入して胃の中のがんと、その周辺の切除予定範囲に印をつける。その後、腹部に5か所程度開けた小さい傷から腹腔鏡と手術器具を挿入する。

「胃の外側から腫瘍の周りの切除予定線に沿って、胃壁の一部を切開します。そこから腫瘍と一緒に周囲部分を胃壁の外に持ち上げ、腫瘍と持ち上がった胃壁の一部に自動縫合器をかけ、この部分だけを切除します。切除した組織は、腹腔内からへそに開けた創を通して体外に出し、回収します」(井上センター長)

 この治療では、腫瘍と腫瘍に関連するリンパ節の両方を切除することが可能だ。進行したがんに対しても開腹ではなく、腹腔鏡を利用した腹腔鏡下胃全摘術を実施する方法もある。胃切除後の消化管の吻合も腹腔鏡で行なうため、傷口を最小限に留められる。

 胃がんは、早期発見・治療を行なえば完治も可能なので、50歳を過ぎたら年に1回の内視鏡検査を推奨したい。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2018年1月26日号