「小学生に英語は必要か」「いやその前に国語力が必要だ」──といった論争が起きていたのは、今は昔。現在の子育て世代の関心事は、「プログラミング学習は必要か」となっている。2020年、小学校でプログラミング学習が必修化されることになり、首都圏を中心に、教育意識の高い家庭では、子供がプログラミング教室に通うのはもはや珍しくない光景だ。

 しかし、「プログラミング」という言葉がひとり歩きして、実際はどんなことをやっているのか、何を学ぶのか、今ひとつわからない。「とにかく習わせておかないと出遅れるかも……」と親(特に母親)たちが焦っているのが実情ではないだろうか。そんな大人のために、なぜプログラミングが必要だと言われているのか、あらためて整理してみたい。この2月に学習書籍『サイバーエージェント公式 こどもプログラミング』を出版した小学生向けプログラミング教室Tech Kids School(テックキッズスクール/株式会社CA Tech Kids運営)に、プログラミングにまつわる素朴な疑問を投げかけてみた。

●疑問1 そもそもプログラミングって何をするの? 「論理的思考」が身につくって本当?

 プログラミングを一言であらわすと、「コンピューターにさせたい仕事を命令していくことです」(Tech Kids School広報)。その命令の方法や考え方を学んでおこう、というのがプログラミング学習だ。でもキーボードを叩くことで、なぜ論理的思考力がつくというのだろう。

「私たちは、あえて『論理的思考が身につく』とは喧伝していません。しかし『プログラミング的思考』って何だろう、という話になったとき、当スクールの卒業生が面白いたとえを言いました。『物わかりの悪い相手に、こちらの言いたいことをわかってもらえるように説明していくことだ』と。例えば相手に歩いて欲しいとき、『歩く』ことを知らない人には通じないので、『右足を1歩前に出す、次に左足を1歩前に出す、それをくり返す』を伝えることがプログラミング的思考だ、ということです」(同前)

 コンピューターは、正しい命令をしないと思ったように動かない。そのためには、主語、述語、目的語など、言葉を正確に理解し、使う力が必要になる。コンピューターが正しく動くまで、なぜ動かないのかその理由を考え、新しい方法を試そうとする力もつく。そして、その過程を通し、やり遂げる粘り強さも生まれる。

「これら『プログラミング的思考』能力が身につくことは、たしかに子供の成長に有益だと思います」(同前)

●疑問2 憧れのゲームクリエイターになるには、プログラミングが必要?

 プログラミングを学ぶ子供たちの中には、「ゲームをつくってみたい」「将来ゲームクリエイターになりたい」という子も多いようだが、プログラミングを学べばゲームクリエイターに近づけるのだろうか?

 前述の書籍『サイバーエージェント公式 こどもプログラミング』には、子供たちの憧れの職業ゲームクリエイターたちが何人か登場している。ゲームクリエイターと言っても、実は職種は多岐にわたる。プログラマー、プロデューサー、デザイナー、イラストレーター、サウンドクリエイターとさまざまだ。彼ら全員がプログラムを組めるというわけではない。実際に専門知識が必要とされるのは、プログラマーぐらいである。しかし彼ら全員が口を揃えるのは、「(自分で難しいプログラムは組めないけれど)プログラミング知識はある」ということだ。ゲームに関する会議だけでなくちょっとした雑談でも、簡単なプログラミング知識があるのが前提で会話しているという。

 ゲームクリエイターに限らず、今、多くの企業で同じように、簡単なプログラミング知識を求められることが多くなっているのではないだろうか。

●疑問3 将来、プログラマーやエンジニアになることは成功の近道なのか?

 ITがあらゆるビジネスと密接に関わりつつある現代で、プログラマー不足は世界中でますます顕著になっている。同スクールの親会社であるサイバーエージェント代表取締役・藤田晋氏は、「長い間、英語教育が必須と言われてきましたが、今後のグルーバル社会では英語よりもプログラミング能力が求められる場が拡大していくと思います」と語る。

 実際、サイバーエージェントでは、優秀なエンジニアやプログラマーの人材確保に注力してきた。例えば同社では、「テクニカルクリエイター」という他にはない職種を2016年に新設。従来、IT企業などでは、デザイナーとプログラマーはそれぞれ専門職として分かれていたが、デザインだけでなくプログラミングにも明るい人材、双方の垣根を超えられる人材こそがこれから必要であると考え、藤田氏はそうした人材を育成していくことを決意表明した。

「当スクールでも、プログラミングを習得した生徒たちから、もっとトップ画面を格好良く見せたい、自分好みのキャラクターをつくりたい、というデザイン面での要望が増えてきました。そこでクリエイティブツールを提供するアドビ社と共同で子供たちにデザインとプログラミングの両方を教える特別プログラムも始めています」(Tech Kids School広報)

 エンジニアやプログラマーなど技術者に求められる内容も、どんどん変わってきているという。技術の進化スピードは速く、主流のプログラムなども移り変わりがはげしい。それでも基礎の概念、考え方が身についていれば、どんな職業にも役立てられるのが「プログラミング的思考」だという。

 実際にスクールに通う子供たちは必ずしも全員がプログラマーやゲームクリエイターを目指しているわけではないそうだ。

「例えば、将来はスポーツコーチになりたいという女の子がいます。彼女はスポーツトレーニングはデータ管理が必須なので、プログラミング知識を役立てたいと言っていました。ほかにもケーキ屋さんになりたいという女の子は、3Dプリンタを使って世界中で同じケーキがつくれるようにしたい、と夢を語っていました」(同前)

 将来、成功するのに職種は関係ない。子供たちは自分のなりたい職業にテクノロジーが関わってくることを意識せずに理解しているようだ。

「プログラミングの素晴らしいところは、老若男女関係ないところ。女性でも、老人でも、小学生でも、実力さえあれば誰でも世界にはばたけるところです」(同前)

 子供と一緒に学び始めるのもいいかもしれない。