偏頭痛持ちのAさん(60代男性)は昨年の2月、友人と趣味のカラオケを楽しんでいる最中に普段とは違う頭痛が起きたという。

「いつもの“ジンジン”とした痛みではなく、“ゴーンゴーン”と頭の中で鐘が鳴っているような、痛みというよりは違和感に近いようなものでした。そのうえ吐き気も止まらなかったので、カラオケを中断して家に帰り、熱を測ってみたのですが、平熱だった。なんだか気味が悪くなったのでタクシーで病院へ向かったんです」

 CTなどの精密検査を受けた後Aさんは、意外な診断結果に驚いた。

「くも膜下出血でした。『バットで“ガツン”と殴られたような痛み』と聞いたことがあったのですが、全くピンと来ませんでした。医者の話では初期症状とピッタリ一致していたらしくて……。すぐにカテーテル手術を受けて、事なきを得ました」

 Aさんのように、くも膜下出血は激痛を伴うケースが大半だ。が、約20%の割合で「マイナーリーク」と呼ばれる“大出血の予兆”が生じることが研究から分かってきている。くどうちあき脳神経外科クリニック理事長の工藤千秋医師の話。

「『マイナーリーク』とは脳動脈からわずかに血液が漏れる症状を指します。風邪によく似た頭痛と吐き気を伴うのですが、鼻水や咳、熱が全く出ないことが特徴です」

 何回も“ガツンガツンガツン”と激痛が繰り返される場合には、くも膜下出血だけでなく「細菌やウイルス感染により脳内に炎症が起こる髄膜炎の疑いもある」(同前)という。激痛の他に、吐き気、意識の低下、発熱などを伴う。

 痛みは強くなくても、起床時に吐き気とともに“ガンガン”とした頭痛があると脳腫瘍が疑われる。

「『モーニング・ヘッドエイク』と呼ばれる、脳腫瘍の代表的な症状です。健康な人でも、睡眠中に脳の圧力は高まりますが、脳腫瘍があると脳圧が異常に高くなり、起床時に頭痛が起きます。日中は脳圧が下がるため痛みが軽減されますが、咳をしたり力んだらまた痛くなる。目のかすみや視力低下など目の異変を併発することも多い」(同前)

 命を失うリスクは高くないが、高齢者に多いのは“ピーン”と頭が膨らんで張っているような痛みだ。

「これは加齢による首の骨のずれなどによって、首の付け根を覆う神経が刺激されて生じる大後頭神経痛の症状です。首から後頭部、頭頂部にかけて張りつめた痛みがあります。慢性頭痛と違い、市販の鎮痛剤を飲んでも効き目がない。この症状が出たら脳神経外科の受診を勧めます」(同前)

 前頭部の“ズキズキ”とした激しい痛みが数日にわたって続き、視力の異変を伴う場合は眼の病気の可能性がある。

「頭痛と合わせて光が眩しくなったり視野が狭くなる症状があれば緑内障が疑われる」(同前)

 頭の場合、必ずしも痛みの強さと病気の深刻さが比例するとは限らないと留意しておきたい。

※週刊ポスト2018年4月27日号