史上初となる全域停電、「ブラックアウト」を引き起こした、9月6日の北海道大地震。信号機が止まり、交通は大混乱。携帯電話の充電が切れ、情報収集手段が失われた人も続出した。

 なかでも深刻な状態を迎えたのが、「病院」だった。9月6日午前3時の地震発生以降、最大で376病院が停電。翌7日正午時点でも191病院が停電したままで、全病院で電力が復旧したのは9日午前のことだった。

 多くの病院で非常用電源が作動したとはいえ、最大72時間以上にわたって通常電力が止まっていたことになる。

 停電に加え、非常用発電機も止まった場合、病院ではどんな事態が発生するのか。機器やケースごとに専門家に聞いた。

◆人工呼吸器のバッテリーは約10時間

 停電時、真っ先に影響を受けるのが、自発呼吸ができず人工呼吸器に頼る患者である。米山医院院長の米山公啓医師が解説する。

「非常用発電機も使えない場合、人工呼吸器に内蔵されているバッテリーに切り替えますが、そのバッテリーは10時間程度しか持たない。

 電源が確保されている病院へ移送することになりますが、エレベーターやエスカレーターも停止しているので患者の移送も簡単ではない。通信機能もダウンしてしまうため、受け入れ要請を出すこともできない」

 内蔵のバッテリーが切れれば、酸素ボンベを使った手動での人工呼吸を行なうが、地震直後の大混乱のなか、医師や看護師の手が回らない事態も想定される。

「人手が足りなければ元気な患者に手伝ってもらうことになるかもしれない。しかし、予備の酸素ボンベがあっても、持つのは数時間程度。酸素がなくなれば、自発呼吸ができない患者は呼吸困難に陥る可能性がある」(米山氏)

◆2回目の透析が準備できない

「糖尿病や腎不全で人工透析を受けている患者は、多くの場合、週3回ほどの通院で、1回4時間程度の透析を受けている。透析装置にもバッテリーが内蔵されており、非常用電源が止まったとしても、その日の透析は問題ない」(米山氏)

 だが、ブラックアウトが続き、別病院への移動手段も閉ざされた場合、“次の透析”が受けられない。

「そうなると体内に毒素が溜まり、多臓器不全を招くリスクが考えられます」(米山氏)

◆新生児室への酸素供給が止まる危険

 生まれたばかりの赤ん坊も危機に晒される。自発呼吸ができない新生児は、保育器の中を酸素で満たすか、鼻や口にチューブを入れて直接酸素を送る。だが、非常用発電機が停止すれば、酸素供給も止まる。

「内蔵のバッテリーが切れ、手動式のボンベの酸素もなくなれば、呼吸不全に陥りかねません」(米山氏)

※週刊ポスト2018年10月5日号