豊洲市場でゆりかもめ「市場前駅」に最も近いのが「青果棟」だ。見学者コースのある青果棟本体とは別の建物の1階に、人気の天ぷら、そば、寿司の3店舗が並ぶ。駅改札口を背に左側の歩行者デッキを進み、青果棟の建物には入らず、その手前のエレベーターか階段で地上に降りる。この棟の名店2軒を紹介する。

●天房(てんふさ)営:7時〜14時(売り切れ次第終了)

 市場関係者のために朝から食べても重くない揚げ方に工夫を凝らす。朝仕入れる芝エビやキスなど新鮮な魚介と野菜の天ぷらが豪快にのる「本日の天丼」は、ボリューム満点。3月中旬から稚鮎が入る。

●大和寿司(だいわすし)営:5時半〜13時

 築地場内時代からの人気行列店。「おまかせセット」(7貫、巻物、玉子焼き、味噌汁)の一番手で登場する煮切りをつけた大トロは、口の中でとろける旨さ。平日朝のオープン時〜10時は比較的混んでおらず、狙い目。

撮影■中庭愉生 取材・文■上田千春

※週刊ポスト2019年3月15日号