3500万ダウンロード(2019年11月時点)された九瀬しきによる電子コミック『この男は人生最大の過ちです』。同作がドラマ化され、関東(テレビ朝日)では本日1月18日深夜より放送開始となる。

©ABCテレビ

主演を務めるのは、連続ドラマの主演は10年ぶりとなる速水もこみち。

速水は“天才でイケメン”という超ハイスペック社長を演じるが、彼は沸点に達するとドSっぷりを発揮してしまう派遣社員に恋をし、愛する女性に奴隷志願する超ドM社長に…!

そんな恋のお相手を演じるのは松井愛莉だ。

©ABCテレビ

彼女の奴隷となるため、ドMな社長はすべてを捧げることに…。速水もこみち&松井愛莉による衝撃のラブストーリーに注目したい。

◆第1話あらすじ

©ABCテレビ

天城製薬の派遣社員・佐藤唯(松井愛莉)は、愛犬を亡くした悲しみからバーで酒をあおっていた。「生き返る薬、開発しろよ〜」と泣きながらクダを巻いていると、一人の男が声をかけてくる。

©ABCテレビ

「死んだものは生き返らない」。その代わりに、過剰摂取すれば、すぐにでも犬に会える薬を教えると言う。さらに「無駄吠えは家でやれ」と、容赦ない言葉を連射。すると唯は、仕返しに足を引っかけて男を転ばせると、「わざとでーす」と言い捨て店を出る。

その男が、自社の社長、天城恭一(速水もこみち)であることも知らずに…。

©ABCテレビ

翌日、社長室に呼び出された唯は、クビを覚悟で出頭。しかし、天城が唯に告げた言葉は「僕を奴隷にしてください」だった。

©ABCテレビ