過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

©テレビ朝日

1月20日(月)放送の同番組には、お笑いコンビ“ギャロップ”が登壇。「相方が自分をキムタクだと勘違いして解散寸前に追い込まれた先生」として、“自分が好きすぎて周りが見えなくならないための授業”を行う。

◆ギャロップ・毛利の“ナルシストしくじり”

ギャロップは、林健と毛利大亮からなるコンビ。同期にはNON STYLE、南海キャンディーズ、ピースなど錚々たるメンバーがおり、生徒役でレギュラー出演している平成ノブシコブシの吉村崇も同期にあたる。

©テレビ朝日

ラストイヤーでもあった2018年のM-1グランプリでは決勝に進出。しかしその裏では、「よしもと芸人100人が選ぶ、解散しそうなコンビ」の第1位に選ばれたことがあると明かす。

しかも、そんな不名誉な1位に輝いてしまった背景には、「毛利が自分のことを木村拓哉だと思っているから」という衝撃の理由があったと告白。実は毛利は、関西一のナルシスト芸人として知られており、なぜかスター気取り…。

林はそんな毛利のナルシストぶりにどう対応したらよいかわからず、相方のことが嫌いになっていき、その結果本業である漫才が“超ヘタクソ”になり、解散を決意するまでになっていたのだと語る。

◆授業でオリジナルの診断テストを実施!

©テレビ朝日

ギャロップの2人は、自分のことが好きなのはいいことだが、ナルシストすぎるとまわりが見えなくなり仕事にも支障をきたしてしまうと力説。自分たちの経験からオリジナルの診断テストを作ってきたと言い、授業で「毛利度チェック」を行っていくことに。

講義が進むにつれどんどん明かされていく毛利の自意識過剰ぶりや、“痛さMAX”のナルシスト行動に思わず絶句する生徒たちも…。

最後は、解散寸前だった2人が本気で漫才に向き合うことになった経緯を激白。そして、ナルシストすぎて周囲に迷惑をかけてしまっている人々に向け熱いメッセージを伝える。

©テレビ朝日