1月29日(水)の『徹子の部屋』には、今年還暦を迎える東ちづると81歳の母・英子さんが登場する。

©テレビ朝日

10年ぶりの親子出演となる2人。英子さんは昨年9月に右足を手術するも、4日後には杖を持って歩く驚異の回復ぶり。

そんな英子さんの楽しみは4月からの世界一周1人旅と、週に1度の着付け教室の先生をすることなのだそう。

©テレビ朝日

今でこそ「理想の母娘」な2人だが、父の亡き後3年間の確執があった。

「自分の生き方」を子どもや孫に押し付けていた母にちづるさんが反発。2人で生き直しを決意し、1年間のカウンセリングを受けた。

「何歳でも変われるんだ」と母が実感したカウンセリングについてや、確執を乗り越えた今の気持ちを語る。