過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

©テレビ朝日

2月17日(月)の同番組には、“ギャルモデル”として人気のゆきぽよが登壇。「ヤンチャなダメ男にひっかかっちゃう先生」として授業を行った。

◆ゆきぽよは、付き合うと100%浮気されちゃう女だった!

授業冒頭、これまで“ヤンチャなダメ男”とばかりつきあってきたと過去の恋愛しくじりを明かしたゆきぽよ。

しかも歴代彼氏5人は一様にすこぶるヤンチャで、5人すべてに浮気され、そのうち4人が逮捕されてしまったという衝撃の事実も告白。

そこで今回の授業では、ゆきぽよが過去につきあった男性の特徴をもとに、“女はなぜヤンチャな男に惹かれてしまうのか”、そのメカニズムを徹底解説していった。

◆“地元で最強の男”と付き合い刺激的な毎日だったが…

©テレビ朝日

授業前半でゆきぽよが教えてくれたのは、ヤンチャ男についつい、ときめいてしまう女の3大特徴。

まず挙げたのは、“地元で権力を持っている男に弱い”こと。

高校時代、“負け知らずの男”にメロメロだったゆきぽよは、地元で最強の男子と交際。周りからは羨望の眼差しを向けられ、「港南の我儘(わがまま)お嬢」という称号を得て、ちょっとした有名人気分を味わっていた。

2番目は、“とにかく毎日が刺激的”というポイント。バイクで迎えに来て、真夜中の集会に連れて行ってもらうのが楽しくて仕方がなかったゆきぽよは、「あんな男やめときなよ」と女友達に止められると余計に燃えてしまい、自分の恋愛に関しては完全に冷静さを失っていたという。

そして「最も大きいかもしれない」というのが、ヤンチャ男たちが“熱い言葉をすぐに言う”こと。彼らの3大口説きゼリフとは、「一生大事にする」「命をかけて守る」「お前は俺の最後の女」。

これらのフレーズを簡単に吐くヤンチャ男たちには、すぐに婚姻届けを書きたがるという特徴もあるそうで…ゆきぽよ自身も今までに2度、婚姻届を書いたことがあるのだとか。

ただ“来年の目標”として壁に飾っておいたため提出せずに済んだものの、「あやうくバツ2になるところでした」と深く反省した様子で語った。

◆ヤンチャ男は、フラれると“他人”の熱い言葉で泣きついてくる!

©テレビ朝日

さらに、ヤンチャ男の彼女に起きる、さまざまな“悲劇”について解説。

“地元で権力を持っている”ため、ヤンチャ男の彼氏たちは、なんとゆきぽよの女友達とさえもガンガン浮気をしていたと告白した。

しかし、良い女だと思われたいという願望や、余裕を見せたら逆に浮気を止めてくれるのではないかという期待から、ゆきぽよは「浮気は3回までならOK」というNGワードを彼氏に告げてしまったのだった。

ただあまりに浮気がエスカレートしていくと、さすがに許せなくなり別れを切り出すが、“熱い言葉をすぐに言う”ヤンチャ男たちの性質が裏目に出て、長文の熱いLINEを送って来て、泣きながら「別れたくない!」とすがってきたという。

完全にお別れモードのゆきぽよが無視を続けていると、ヤンチャ男たちが最終的に送ってくるのは自前の言葉ではなく、なぜか有名アーティストのつづった熱い内容の歌詞!

「歌詞を送ってくる男は完全にアウトです」と警告するゆきぽよは、「外の世界に出て頑張っている男の人を見よう」という教訓を送った。

「恋をすると、どうしても視野が狭くなりがちです。地元や今いるコミュニティーから外に出て、知らない世界を見てみてください」というゆきぽよ自身は、地元から芸能界に飛び込み目が覚めたと語り、今回の授業を終えた。

また、地上波放送直後、深夜0時45分からお送りする「Abemaビデオ」では、ゆきぽよ先生の授業の“完全版”をオンエア。

さらに、“クズキャラ”で知られる安田大サーカス・クロちゃんがその裏表のある性格を生かして、悩み深き芸能人たちにアドバイスをぶちまけるAbemaオリジナル企画「しくじり学園 特別進路相談室 シロちゃんクロちゃん」の傑作選もお届けする。