霜降り明星の冠レギュラー番組『霜降りバラエティ』。

3月19日(木)の同番組では、前週に続きゲストにM-1王者ミルクボーイを迎え、「新旧M-1王者対談」が行われた。

©テレビ朝日

M-1王者同士である霜降り明星とミルクボーイがさまざまなトークを繰り広げたこの企画。

後半戦である今回は、せいやがM-1で優勝して以来「ずっと嫌だった」ことや、内海が王者になって「東京に染まった」エピソードなどが飛び出した。

◆新旧M-1王者が深夜ネタ披露!

そんななか、ミルクボーイはコンビとしての幅の広さをアピールするため、とっておきの「深夜ネタ」を見せたいとリクエスト。テレビ初公開の“深夜限定漫才”を披露した。

©テレビ朝日

「うちのおかんが好きな…」といつもの調子で始まった漫才。深夜限定だけにそのネタは際どい内容満載で、せいやも終始笑いながら「深夜過ぎます」とツッコミを入れる。

すると、ミルクボーイの漫才を受けて「僕らはここまでド級ではない」と前置きしながら、霜降り明星も深夜バージョンの漫才をみせた。

©テレビ朝日

しかし、披露されたのは、ミルクボーイを上回る際どさの強烈な漫才!

自分たちを上回る深夜ネタに内海は“完敗”と言った面持ちで「俺ら恥ずかしいわ」としょんぼり。あまりの下ネタぶりに「M-1に怒られないか?」とつぶやき、スタジオの笑いを誘っていた。