松岡昌宏扮する女装した家政夫“ミタゾノさん”こと三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていくヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』。

シリーズ4作目となる今回、ドラマのエンディングでミタゾノたちが華麗なダンスを見せることになった。

©テレビ朝日

Hey! Say! JUMPが歌う主題歌『Last Mermaid…』に合わせ、息の合った踊りを見せる「むすび家政婦紹介所」の面々。

ミタゾノの相棒・村田光を演じる伊野尾慧をはじめ、今シリーズから新人家政婦として加入した霧島舞役の飯豊まりえ、阿部真理亜役の平田敦子、式根志摩役のしゅはまはるみ、紹介所所長・結頼子を演じる余貴美子が、それぞれ曲に乗ってオリジナリティーあふれるダンスを披露する。

そして、その中心にして最後方で一際目を引く動きを見せるのがミタゾノ。おなじみの白いブラウスと黒いスカート姿で、長い髪を振り乱しながら抜群にキレのある動きを連発する。

さらに、クライマックスではミタゾノが華麗にジャンプ! 見事なターンもみせる。

一方で、アイドルを目指して見習いをしながら片手間に家政夫業に勤しむ光も随一の存在感。キラキラの現役アイドルでありながらアイドル見習い風のステップを踏む伊野尾のダンスにも注目だ。