毎週火曜日、千鳥が今一番やりたい企画をお届けしているバラエティー番組『テレビ千鳥』が5月19日(火)に放送された。

新型コロナウイルスによる外出自粛により、約2か月ぶりとなった同番組の収録では、2人が自粛期間中の過ごし方についてトークを繰り広げた。

◆大悟のステイホーム

「こんな会わないのははじめて」というほど、久しぶりの再会となった千鳥の2人。ノブはあまりSNSに投稿しない大悟の生活ぶりが気になるようで、「(家で)何してるの?」とさっそく質問した。

すると大悟は、意外にも家庭的な家での過ごし方を告白。自宅で子どもたちとジャッキー・チェンの映画を見たり、毎日家で“DAIGO’Sキッチン”をやったりしていたそう。

とくに料理の腕がめきめきと上がり、「もうサンラータンは作れるようになった」と明かしてノブを驚かせた。

しかし、そんな生活のなかで困っているというのが“寝不足”。自粛前は「酒でぶっ倒れて寝てた」という大悟は、意外にも家では飲まないタイプのため、夜眠れないのだとか。

ノブはそんな大悟にリモート飲み会を提案し、芸人仲間たちとの飲み会に「ゲストで来てみれば?」と誘うが、「ワシ、飲みながら家でしゃべるのだけは…」と乗り気ではない様子。

実は、大悟が現在の妻と同棲中のころ、家で開催した飲み会でとんだ“失敗”をしてしまったのだそう。

「寝室に嫁を入れて、リビングで(ダイアン)津田とかとコンパしたことがある。『今日、後輩と女来るけど、おまえ部屋から出てくるな』っていって。

みんな酒飲むやん。そしたら今までの“いってはいけないこと”までしゃべりだすやん。3時間後にみんな帰って嫁の部屋を開けたら、嫁が吉村(大阪)知事くらい厳しい顔だった(笑)」

そのことを機に、家で飲んでプライベートのことを話すのはやめようと決意した大悟。実感を込めて、リモート飲み会の思わぬ“危険性”を説いた。

その後、ノブはこの体験談に「全然ある」と共感し、自身もリモート飲み会でヒヤリとした経験を告白。さらに、「コロナが収束したらやりたいこと」についてもトークを繰り広げた。