1976年にはじまり、今年で放送45年目に突入した『徹子の部屋』。

5月27日(水)放送の同番組では、これまで延べ1万2000人以上のゲストと黒柳とのトークのなかから、特別企画として豪華な顔ぶれによる傑作選をお届けする。

今回は、「人気コンビ芸人・初登場」と題して、今や超売れっ子コンビ芸人の若かりし頃のトークとネタ見せを振り返る。

ブレイク前夜の爆笑問題は、太田の知られざる暗黒の高校生活、さらにコンビ結成のキッカケとなった日大芸術学部の入試での出会いを語る。そして時事ネタを織り交ぜたスペシャルネタも披露する。

サンドウィッチマンはM-1グランプリ優勝直後に登場。なんと番組出演にあたり、傾向と対策を練ってきていたと話す。黒柳の大好物であるピザを持参し、パンダ柄のネクタイを着用。さらに、黒柳の前でネタを披露したのだが…。

東京進出直後の博多華丸・大吉。児玉清のモノマネであいうえお作文を披露し、見事に黒柳の心を掴むが…。そして、まだ慣れない東京生活での不安と不満を吐露する。