番組に寄せられた投稿メールや、VTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

5月29日(金)の同番組では、「せいやのエプロン」を放送する。

料理初心者の霜降り明星・せいやは、同番組の深夜時代に「レシピ通りうどんを作る」という企画で激ヤバな料理の腕前を披露した。

その後放送した番組『せいやのエプロン』では、料理家のもとで本格的な料理を勉強。「イワシの手開き」に初挑戦したが、手際の悪さからマナーにも厳しいスパルタ系日本料理家の先生に叱られまくってしまう。

その様子をみていた視聴者から「お前料理下手だろ」「料理で遊ぶなやド素人が!」など、放送後に手厳しい声がよせられたというせいや。「そういう人たちを納得させたい」と、今回の撮影に意欲をみせる。

そんなせいやが今回挑戦するのは「本格茶碗蒸し」。

有吉も大好きだという茶碗蒸しは一見シンプルな料理だが、蒸し加減や食材の下処理など、完成までに難しい工程を要する一品だ。

料理家の先生とテレビ電話をつないで、レクチャーを受けるせいや。エビの下処理に声を上げながら悪戦苦闘するが、その姿をみかねた先生から厳しい一言が飛んでくる。

四苦八苦しながらも、茶碗蒸しを蒸す工程までなんとか辿り着いたせいや。そこで「切り蓋」というテクニックに挑むがうまくいかず、先生に怒られてしまい「今、僕結構パニックになっています…」「一瞬めっちゃ怖かった…」とビビりまくる。