6月15日(月)の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』は、“お笑い研究部”の新企画「リモート番組で爪あとを残すを考える」の後半戦を放送する。

この企画はタイトルどおり、リモート出演が激増している昨今、慣れない自宅からの中継で笑いを取り、存在感を示すための方法を考えていくもの。

前回は納言とニューヨークの2組が自宅から、平子祐希(アルコ&ピース)と澤部佑(ハライチ)がスタジオに特設したリモートブースから、「アイツ最近何してる? リモート近況報告」と銘打ったお題にチャレンジ。

“おうち時間の過ごし方”をテーマに、笑いを取るべく奮闘した。

今回、一同が取り組む新たな課題は、「リモート自宅リポート」。

リモート出演にあたって今後求められていくのが、自撮りをしながらの“おうちリポート”ではないか…。そこで、自宅にある限られたモノを駆使しながら、いかに盛り上げることができるかを考えていく。

スタジオの要望に応えて間取りを教えたり、普段は絶対に見せないプライベート空間を公開したり…と、爪あとを残すため自宅を披露しつつ必死のリポート合戦が展開! 横山由依も自宅を公開し、「いいわ〜!」「めちゃくちゃかわいい」と男性陣が大興奮する場面も。

また、リモート出演の“虎の巻”を作る企画も放送。

今後のリモート出演でスタンダードとなるような鉄板ネタを考えていくが、いったいどんなアイデアが生まれるのか? そして、リモートだからこそ生きるネタはあるのか?