観ているだけで温泉気分に浸ることができ、目や耳、心まで癒される長寿温泉番組『秘湯ロマン』(隔週日曜、テレビ朝日・関東地区にて深夜3時から放送中)。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、同番組の厳選回が配信されています。

©テレビ朝日・TSP

本記事では、「TELASA」ほかで配信されている厳選回の中から、前回に続いて「長崎県 雲仙温泉、伊王島を巡る旅」(2019年1月放送)の一部を紹介。(※記事内の情報は、番組が放送された当時のものに沿っています)

<前回の記事はこちらから>

新型コロナウイルス感染拡大による長い自粛期間が続き、温泉はもちろん旅行意欲が高まる現在。まずは動画で温泉の気分を味わってみては?

◆「地獄」どころか、これぞ「極楽」

“旅人”の倉澤映枝さんが訪れているのは、長崎の雲仙温泉。蒸気が吹き上げ熱気も立ち込めるこの一帯は、「雲仙地獄」と名付けられています。

そんな雲仙で江戸時代に湯治場として開かれたのが、その名も「小地獄温泉館」。

ここは吉田松陰も訪れたという名湯で、源泉の池からは今も60℃のお湯が毎分300リットルのいきおいで湧き出しています。

源泉を自然にさましたお湯が豊富に流れる大浴場。湯小屋は松の木でつくられており、湯気の抜けがいい天井は高さ7メートルです。

乳白色の美しい濁り湯。硫黄の成分を多く含み、肌をしっとりと潤してくれます。

そして、3メートルの高さから落ちる“打たせ湯”。

「地獄」どころか、これぞ「極楽」です。

 

◆全長18メートルの湯船!伊王島で贅沢リゾート

雲仙から移動してやって来たのは、長崎半島の沖合に浮かぶ周囲12キロほどの“伊王島”。

近年、橋がかかったことで、手軽に行ける人気の観光スポットになりました。

 

ここで訪れたのは、ホテルやレストランなどが立ち並ぶリゾート施設「i+Land nagasaki」(アイランドナガサキ)。

ロッジタイプの客室も用意されており、今回は広いテラスが付いたオーシャンビューの部屋へ。

また、施設の中には日帰り温泉も。「島風の湯」に入ってみましょう。

脱衣所から長い階段を上り、アプローチを抜けると…。

そこには、雄大な長崎の海を臨む展望露天風呂が!

この湯船の長さは、じつに18メートル。伊王島の地下1180メートルから湧き出す自家源泉が注がれています。

そして最後は、広い休憩スペースも付いた貸切の“家族風呂”へ。

家族4人でもゆったり入れる大きさで、ここでも自家源泉が使われています。

湯けむりのぼる雲仙から、海風香る伊王島へ。少し贅沢な旅をお届けしました。