6月23日(火)の『徹子の部屋』には、オアシズの光浦靖子が登場する。

実は50歳を目前に一念発起、この春から留学する予定だったという光浦。それがコロナ禍により、直前になって取り止めに。

すでに自宅も解約してしまっていたので住むところもなく、急遽、妹家族の家に居候…と、コロナで人生設計が大きく変わってしまったと明かす。

また趣味の“ニードルフェルト”を披露。ニードルフェルトとは、羊毛などを針でつついてマスコットやアクセサリーなどを作る手芸の一種。光浦作の“黒柳の顔”を受け取った黒柳は、その出来栄えに驚く。

そして「自分は芸人には向いていないと思う」と告白。黒柳に悩みを相談をする。