華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

6月26日(金)の放送では、広瀬香美をはじめ、一流エンターテイナーがスタジオに登場し、それぞれが圧倒的なパフォーマンスを披露する。

6月5日(金)に、ミリオンシンガー・広瀬香美が配信した動画についてのトピックスを放送。

広瀬による他アーティストの名曲をカバーした「歌ってみた」のぶっ飛び動画が、ますます話題に。再生回数1,800万回を突破した。

そこで今回は、今あらためて注目を集める広瀬がスタジオに緊急出演。LiSAの大ヒットナンバー『紅蓮華』をザワつくトリオの前で生披露する。

ダイナミックなピアノ演奏とパワフルな歌声がスタジオに響き渡り、ノリノリで演奏する広瀬は「もう1曲ね!」と人気ナンバーも大サービス。腕や足までも使う“掌底奏法”の技も駆使して、圧巻のパフォーマンスを繰り広げる。

そしてトークも大盛り上がり。

広瀬といえば、90年代に『ロマンスの神様』をはじめ、冬の時期にヒットソングを連発。“ウィンターソングの女王”として、トップアーティストの仲間入りをしたのを覚えている人も多いはず。ところがプライベートを聞くと“実は冬が嫌い疑惑”が発覚。

「広瀬香美が壊れてる!」という世間のコメントに本人も大爆笑。そのアクロバティックなピアノ演奏に込めた思いも語る。

◆蛯名健一&いっこく堂もパフォーマンス

日本のみならず、海外に進出し、高い評価を得ているエンターテイナー2人もゲストで登場する。

驚異のダンスパフォーマンスで観客を魅了するのが、ラスベガスでも公演を行っているパフォーマーの蛯名健一。

得意の“首落ちダンス”で世界中をザワつかせ、アメリカで最も有名な日本人のひとりだ。

これまで世界40か国以上でパフォーマンスを行ってきた蛯名だが、現在は新型コロナウィルスにより、各国での公演が中止に。今回、蛯名はスタジオで、ザワつくオリジナルのダンスパフォーマンスを披露する。

つづけて登場するのは、腹話術師のいっこく堂。彼も蛯名と同じく、ラスベガスで公演を行うなど、ワールドワイドな活躍を見せている。

いっこく堂の代名詞ともいえる “衛星中継”ネタについて、「意外と簡単です」と、ザワつくトリオにレクチャーする。