観ているだけで温泉気分に浸ることができ、目や耳、心まで癒される長寿温泉番組『秘湯ロマン』(隔週日曜、テレビ朝日・関東地区にて深夜3時から放送中)。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、同番組の厳選回が配信されています。

©テレビ朝日・TSP

本記事では、「TELASA」ほかで配信されている厳選回の中から、「長野 信州木曽路を巡る旅」(2017年1月放送)の一部を紹介。(※記事内の情報は、番組が放送された当時のものに沿っています)

新型コロナウイルス感染拡大による長い自粛期間を経て、温泉はもちろん、旅に出たい気持ちが高まる現在。動画を観て温泉の気分を味わってみては?

◆初体験!ソーダのような泡のお湯

中央本線のJR木曾福島駅からスタートした今回の旅。

“旅人”の橋本真帆さんが最初に訪れたのは、駅から車で15分、地元の人たちに人気の温泉「二本木の湯」です。

ここは、全国でも珍しいお湯が評判となったそうですが、いったいどんなお湯なのでしょうか?

お風呂は、内湯がひとつ。見たところ普通のお湯にみえますが、湯船につかると…?

橋本さん、「すごい!パチパチしてる!しゅわしゅわ〜」と思わず声が出ます。

そう、音を立てながら大量に泡が発生するお湯なんです。つかって1分も経たないうちに、みるみる肌に気泡がついていきます。

まるで、温かくて柔らかい衣をまとったようで、なんともいい気持ちです。

ここの泉質は、二酸化炭素を多く含む炭酸水素冷鉱泉。しばらく入っていると体が芯から温まっていき、肌の汚れを洗い流す効果もあるといいます。

ソーダのような泡のお湯、初めての体験でした!

◆“早太郎温泉”をお部屋でひとり占め

南木曽の一軒宿で1泊し“柿其温泉”を堪能した後は、電車で山を越え中央アルプスへ。バスに乗り換え、駒ヶ岳の名勝を目指します。

駒ケ根高原に湧く“早太郎温泉”。ここで訪れたのは、川沿いの宿「二人静」です。

デザイナーが手掛けたという特別室「一花一葉」に泊まりました。部屋は、和室二間に露天風呂が付いた贅沢なつくりです。

まずは、伊豆石が敷かれた大浴場へ。

心地よい滑りがあるお湯は、無色透明のアルカリ性単純温泉です。

美しい庭園に面した広い露天風呂も用意されていました。

早太郎温泉は、90年代に発見された比較的新しい温泉ですが、効能は豊かで肌に優しいお湯なんです。

ヒノキでつくられた小ぶりな湯船もあり、貸切気分も味わえました。

そして夜は、部屋の露天風呂をひとり占め。もう一度早太郎温泉を楽しみます。

専用の露天風呂とは思えない、広々としたつくり。とっても贅沢な時間が味わえました。