テレ朝動画では、7月31日(金)まで「ドラえもん 夏の視聴感想文キャンペーン」を実施中。

テレ朝動画で配信されているアニメ『ドラえもん』約700話のなかから、好きな作品を視聴して感想文を送る、夏休みにぴったりのキャンペーンだ。

本記事では、テレ朝POSTのライターが執筆した名作「僕の生まれた日」の感想文を紹介する。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

のび太の名前の由来も明らかになる、「泣ける」名作の魅力をぜひ感じてほしい。

◆「僕の生まれた日」あらすじ

のび太は、自分が生まれた日の写真が残っていないうえに、いつもママにしかられてばかりの自分は、この家の本当の子どもじゃないんだ!と言い出す。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

ドラえもんが止めるのも聞かず、家出してしまうのび太。

戻ってこないのび太を迎えに来たドラえもんは、タイムマシンでのび太が生まれた日に行って、たしかめてみることを提案。ふたりは、のび太が生まれた年の8月7日に向かうことに…。

10年前ののび太の部屋は、パパの書斎だった。そこに、あわてた様子のパパが帰ってくる。赤ちゃんが生まれるという連絡を受けて、会社を早退してきたのだ。

のび太とドラえもんは、病院に向かうパパの後をこっそりつけることに。途中、カメラを買ったパパが病院に到着すると、ちょうど赤ちゃんが生まれた!

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

大よろこびするパパは、赤ちゃんに「のび太」と名づける。その理由を聞いたのび太は…!?

◆「ひさポン」さんの感想文

ツライとき、悲しいとき、本心じゃなくても「自分なんか生まれてこなければよかった」と思ってしまうことがある。

そんな私を勇気づけてくれるのは、いつも見守ってくれる存在がいること。「僕が生まれた日」は、大事なことを思い出させてくれた作品だ。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

物語のなかで、のび太は「こんな子、産んだ覚えはありません」というママの言葉に傷つき、親に愛されていないと思い込んでしまう。

子どものころ、「おまえはウチの子じゃない」という親からの言葉にショックを受け、家を飛び出したことを思い出した。私と同じだと思った。

しかし、のび太はタイムマシンで自分が生まれた誕生日へ行くと、知らなかった家族の物語を知る。

自分の誕生を心待ちにしていたパパ。必死に生んでくれたママ。そして、「まっすぐのびのびと育ってほしい」というのび太という名前に込めた想いを…。

自分という存在が、両親にとってどんなに大切か、どんなに望まれて生まれてきたかをはじめて知るのだ。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

愛おしそうにのび太を抱きしめるママの姿を見て、家出したあの日、必死になって探してくれた母親の姿が脳裏に浮かんだ。

いつだって私を見守り、肯定してくれる存在が、こんなに近くにいたんだなと。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

「パパもママも一生忘れないぞ。お前ががんばって生まれてきてくれたことを」という言葉は、のび太に送ったパパの言葉。だが、私の心も明るく照らしてくれた。