観ているだけで温泉気分に浸ることができ、目や耳、心まで癒される長寿温泉番組『秘湯ロマン』(隔週日曜、テレビ朝日・関東地区にて深夜3時から放送中)。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、同番組の厳選回が配信されています。

©テレビ朝日・TSP

本記事では、「TELASA」ほかで配信されている厳選回の中から、「福島県 高湯温泉、中ノ沢温泉を巡る旅」(2019年3月放送)の一部を紹介。(※記事内の情報は、番組が放送された当時のものに沿っています)

新型コロナウイルス感染拡大による長い自粛期間により、温泉のみならずなかなか旅行に出かけにくい期間が続いてきました。

ゆっくり温泉に入りたいという人が少なくないと思いますが、まずは動画で温泉の気分を味わってみては? 今回は、残暑きびしいなか、雪景色とともに“涼しさ”もお届けします。

◆静かな湯の町、中ノ沢温泉

標高1700メートル、福島を代表する名峰・安達太良山。“旅人”の倉澤映枝さんが訪れているのは、その山腹に湧く、会津地方の東に位置する中ノ沢温泉です。

ここは、十数軒の旅館や民宿が並ぶ静かな湯の町。まずは、郷土料理である“天ぷら饅頭”をいただきます。

サクサクな食感に、思わず顔がにんまり。

そしてやってきたのは、「御宿 万葉亭」。

十畳の和室、さらにフローリングの寝室が付いた特別室には、源泉かけ流しのお風呂も!贅沢ですね。

 

◆トロリとした乳白色のお湯に“トロ”ける

硫黄の香りがたちこめる、木造の大浴場へ。

pH2.1の強酸性のお湯なので、風呂場には極力金属が使われず、排水溝も木で出来ています。

牛乳のようなトロリとした“にごり湯”に見えますが、これほど白くなることは年に数回しかないとのこと。いつもは、もう少し透き通っているそうです。

源泉も見てみましょう。

中ノ沢温泉の源泉は、安達太良山の火口付近から湧いています。勢いよく流れだすお湯は、じつに毎分1万リットル以上! 国内有数の湧出量をほこります。

ここから木製の樋をつかって、温泉街まで7キロもわたっていくお湯。

源泉では80℃と高温ですが、中ノ沢温泉にたどり着くころには50℃くらいになっているそうで、湯船では少し熱めの43℃でした。

また、白銀の木立をのぞむ露天風呂は、撮影された時期は雪山をわたる風が心地よく、ほてったカラダを冷ましてくれます。

 

◆“可愛い湯船” 離れにある貸切風呂

そして最後に、離れの湯小屋にある貸切風呂へ。

信楽焼でつくられた、可愛い湯船が並んでいます。

福島の山あいの宿で体験した、乳白色のお風呂と雪景色。

お湯との出会いは、まさに一期一会。これだから、秘湯の旅はやめられません。