毎週火曜日、千鳥が今一番やりたい企画をお届けしているバラエティ番組『テレビ千鳥』。

9月1日(火)の放送では、「好きな女の子どもに勝手に服を買うんじゃ!!」なる企画が行われた。

◆「20代のときからずっと好き」

番組冒頭、「ワシの愛する女に子ができた」と切り出した大悟。

その女性とは、4月に出産したタレントの優香のことで、「20代のときからずっと好き」な相手なのだそう。

「知り合いなの?」と聞くノブに、「1回も会ったことない」と答える大悟。

今回はそんな大好きな優香の子どものために、勝手に服を買うことになった。

以前の企画では、女優・広瀬すずの服を勝手に購入して事務所に送り付けたが、ノブは「あれよりキモイよ」と指摘。それでも大悟はお構いなしに「家の前か事務所の前に置く。すずちゃんも着てくれたから」と自信満々でロケをスタートさせた。

さっそく子ども服の店に到着した大悟は、子どもの性別すら知らないのに「愛した女がどっち産んだかわかる」と得意げに男の子と推測。

一方、ノブは「俺は女の子っぽいな。青木さんが…」と優香の夫・青木崇高の名前を出して予想しようとするが、「青木さんの名前出すな!」と険しい顔の大悟に一喝される。

「嫉妬してるやん。ボロ負けや」となじるノブに、「だから今日追いつくんや!」と息巻く大悟。

「ワシから優香をとった。ワシの方が先に好きだったのに…」と、青木への恨み節を語ってノブを呆れさせた。

◆「もう志村さんやん」

その後、大悟は赤ちゃんの気持ちになって服を選ぶために、ドリフターズのコントにも登場した“赤ちゃん”装置へ入って登場。

ノブに「もう志村さんやん」とツッコまれながら、真剣に服を選ぼうとする。

しかし、癖の強すぎる装置を活かすのは難しかったようで、最終的に「これじゃぁわからん。この装置、志村さんしかこなせないわ」とぼやいていた。