観ているだけで温泉気分に浸ることができ、目や耳、心まで癒される長寿温泉番組『秘湯ロマン』(隔週日曜、テレビ朝日・関東地区にて深夜3時から放送中)。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、同番組の厳選回が配信されています。

©テレビ朝日・TSP

本記事では、「TELASA」ほかで配信されている厳選回の中から、「長野県 湯田中温泉、奥山田温泉を巡る旅」(2018年11月放送)の一部を紹介。(※記事内の情報は、番組が放送された当時のものに沿っています)

新型コロナウイルス感染拡大による長い自粛期間により、温泉のみならずなかなか旅行に出かけにくい期間が続いてきました。ゆっくり温泉に入りたいという人も少なくないと思いますが、まずは動画で温泉の気分を味わってみては?

◆北信州の秘湯をめぐる旅

“旅人”の梨木まいさんが訪れているのは、長野電鉄長野線の終点、湯田中駅。

志賀高原の入り口に広がる“湯田中渋温泉郷”には、夜間瀬川の支流に沿って10箇所の温泉地が点在していますが、湯田中駅のすぐそばにあるのが湯田中温泉。

駅から歩いて10分ほどのところにある旅館「よろづや」へ到着しました。ここは、江戸・寛政年間創業という老舗です。

吹き抜けのロビー。高さおよそ10メートルの見事な格天井が出迎えます。

◆まるで、お寺の本堂のような格調の高さ!

さて、よろづやの醍醐味は、なんといってもこの桃山風呂。

広さおよそ200平米に、格天井と楕円形の大きな湯船。昭和26年につくられ、国の有形文化財に登録されています。

こまかな意匠がほどこされている、宮大工の手でつくられた寺院様式の建物。湯船には、おとな30人は入れるでしょう。

ナトリウム成分を多く含み、少しぬめりを感じるお湯。源泉かけ流しで、温度は43℃と少し熱めです。

◆“発祥のお湯”といわれる共同浴場へ

湯田中温泉発祥のお湯ともいわれるのが、本館の隣にある大湯。

開放感のある吹き抜けの共同浴場で、湯船はふたつに仕切られています。

お隣のよろづやとは源泉が異なりますが、なめらかな肌触りは変わりません。

そして夜。美味しい食事を楽しんだ後、客室(特別室)専用のお風呂へ。

梨木さんは思わず「ああ〜」と声を漏らし、鼻歌まじりに楽しんでいました。

◆池のような庭園露天風呂

苔むした石がありますが、ここは木々に囲まれた池でしょうか?

いえ、これは露天風呂なんです。

庭師が手掛けたという、この庭園露天風呂。じつに70坪を超える広さがあります。

広い湯船をゆっくり歩いて、立ち止まって……。木漏れ日のなか、心を解き放つひとときを味わえました。