10月15日(木)放送のドラマスペシャル『はぐれ刑事三世』。伝説の刑事ドラマ“はぐれ刑事”が、原田泰造主演で装い新たに帰ってくる。

テレビ朝日はこれまで数々の刑事ドラマを世に送り出してきたが、『はぐれ刑事純情派』はその代表格。1988年の放送開始以来、2009年までの22年間のあいだに計444回にわたって放送した長寿シリーズだ。

そんな『はぐれ刑事純情派』シリーズといえば、藤田まことさん演じる安浦刑事の人情味あふれるキャラクターが視聴者を魅了してきたが、今回の『はぐれ刑事三世』では、新たな主人公像を確立。

原田演じる捜査一課の刑事・浦安吉之は、重度の方向音痴と、伝説の刑事・安浦吉之助に名前が似ていることから“はぐれ刑事三世”のあだ名をつけられていた。

普段はとぼけて昼行燈を演じているものの、事件の関係者の心にもすっと入り込み捜査を進めるなど、実は敏腕な浦安。一つひとつ積み重ねた事実をもとに、立ち話でも笑顔を絶やすことなく、一方で相手の話の矛盾を鋭く突きながら、難攻不落な刺殺事件の真相に迫っていく。

そして、浦安を取り巻く人々も魅力的なキャラクターがそろう。浦安と行動をともにし、実は浦安に負けず劣らずの方向音痴の女性刑事・仁城華子役を演じるのは内田理央。

正義に対して強いこだわりをもち、捜査のためなら政治家である父親の名を躊躇なく使う “捜査ファースト”の刑事だ。

そんな浦安や華子をはじめとする個性豊かな部下に振り回されているようで、締めるべきところはしっかりと手綱を締める班長・河辺一成役を立川談春が演じる。

部下とも確かな信頼関係を築き、班員一丸となって難事件に立ち向かう河辺を演じる立川の存在感が、ドラマにいっそうの深みと味わいを加える。

そのほかにも紺野まひる、佐戸井けん太、逢沢りな、忍成修吾、藤井美菜、しゅはまはるみ、真飛聖ら実力派キャストが集結。個性豊かな共演陣でお送りする。

◆あらすじ

女性の刺殺体が見つかった。被害者はITベンチャー「ロマンティック製作所」副社長の浦賀有美(松岡依都美)。

警視庁捜査一課河辺班の仁城華子(内田理央)ら刑事たちが事件現場を調べていると、班長の河辺一成(立川談春)が、一緒に現場に来たはずの浦安吉之(原田泰造)警部補が見当たらないと気づく。

重度の方向音痴と、伝説の刑事・安浦吉之助に名前が似ていることから、そんな浦安に付けられているあだ名は“はぐれ刑事三世”――。

その後こっそり現場に合流した浦安は、さっそく捜査を開始。第一発見者であるレストラン店長・三田陽菜(藤井美菜)に話を聞くが、浦安は陽菜の発言に違和感を覚える。

つづいて有美の勤め先を訪ねた浦安は、同社社長の大角芽衣(紺野まひる)に話を聞く。芽衣は“美しすぎるIT技術者”として知られ、新技術開発の助成金をめぐって政治家との不適切な関係を疑われたばかりだった。

一方で芽衣は、自分を陥れたのは総合商社「植井商事」の古沢秀史(佐戸井けん太)社長に違いないと証言。しかし当の古沢は事件への関与を全面否定する。

そんな「植井商事」では、古沢社長と、創業者一族の御曹司で取締役の植井圭介(忍成修吾)との社内抗争が巻き起こり、その植井と思われる人物が事件当日に殺害現場で目撃されていた…。

続々と浮かび上がってくる容疑者たち。しかしその直後、芽衣、古沢、植井の事件当日のアリバイが次々と証明され、さらには陽菜が突如供述を覆し、事件は振り出しに戻ってしまう。

はたして浦安は、あちこち寄り道(=はぐれ)しながらも、事件の真相にたどりつくことができるのか――。