番組に寄せられた投稿メールや、VTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

10月30日(金)の同番組では「マツコのおはぎロード 第1章」を放送する。

おはぎ専門店の出店を目指すマツコのために、人気のおはぎ店を調査する同企画。第1章となる今回は岡山、広島、北海道の人気店に密着し、その人気の秘密、成功の秘訣を探る。

「働くのは午前中のみ!2種類だけで勝負」という経営哲学をもつ岡山のおはぎ店は、オープンからわずか2時間で約2200個のおはぎを完売する人気店だ。

そんな同店の「供給し過ぎず、『昼には売り切れる』イメージを作る」などの、“おはぎ戦略”を学ぶマツコ&有吉。この戦略を聞いた有吉は「Supremeのやり方だ!」と、おはぎ店と人気ストリートブランドとの共通点を指摘する。

その他にも、広島・北海道の人気店の経営方針をVTRを通じて学ぶマツコ&有吉。おはぎ専門店の出店を検討しているマツコの反応は…。