若い男女を中心にカリスマ的人気を誇る“あのちゃん”ことあのがバラエティ企画に体当たりでチャレンジしたり、ともだちをつくったり、とにかくいろんなことに挑戦する冠番組『あのちゃんねる』。

11月9日(月)の放送では、あのちゃんが知らない文化を学ぶコーナー「あのちゃんSTUDY」をお届け。「林家パー子さんみたいのしかわかんない…」とぼんやりとした印象しかなかった“ロリータファッション”を学ぶ様子が放送された。

今回ロリータファッションを教えてくれたのは、青木美沙子さん。日本ロリータ協会の会長も務めるロリータ界のカリスマだ。

青木さんは、自身が所有する500着以上ものロリータ服の中からあのちゃんに似合うロリータファッションをコーディネート。これまでロリータ服には縁がなかったというあのちゃんを“リアルドール”に仕立て上げる。

ロリータファッションというと、ゴスロリや姫ロリ、甘ロリなどお姫様のようなイメージが強いが、今回青木さんがあのちゃんに選んだテーマは「和ロリ」。

アイドル時代にも履いたことがないという大きなスカートに、心なしかあのちゃんのテンションもアップ。

帯のようにデザインされたリボンが初詣やお祭りなどのシーンに合うといい、あのちゃんも「一躍注目を浴びれそう」と思わず笑みをこぼした。

そして、せっかくの機会ということで撮影会も実施。

ロリータファッションに身を包んだあのちゃんの撮影に青木さんは「かわいい〜」を連発。

「こんな子が欲しいです、着せ替え人形にしたい」と太鼓判を押されると、あのちゃんは照れ隠しにお面で顔を覆ってみせていた。