テレ朝動画で公開中の『ももクロChan』最新回では、前回に引き続き、8月2日(日)に行われた配信ライブ『ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは』の舞台裏をお届けします。

 

◆初の船上パフォーマンス&水上ゴザ渡りに挑戦

2020年は無観客生配信スタイルでの開催となった、ももクロ恒例の夏ライブ「夏のバカ騒ぎ」。実際に会場に足を運んでもらえない状況でも楽しんでもらえる工夫を、と、メンバーが会場を移動しながらパフォーマンスを披露していく、という趣向を凝らした演出が話題となりました。

とりわけ斬新だったのが、船上でのパフォーマンス。

初の試みにもかかわらず、リハーサル段階からソロパートをバッチリ決める百田夏菜子。これにはスタッフ陣も「完璧! さすがだね!」と絶賛します。

スタッフが船上で船酔いに悩まされるなか、高城れにも玉井詩織も余裕の表情を見せます。実はこの2人、船釣りのチャレンジ経験があり、船の揺れには慣れているらしく、玉井は「“船、気持ち悪い”より“釣り、楽しい”が勝っている」と釣りの思い出を笑顔で振り返っていました。

今回のライブでは、船上だけでなくプールでのパフォーマンスもみどころのひとつに!

プールにゴザを張り、その上を、ももクロが全速力で駆け抜ける!というダイナミックな演出が取り入れられました。

事前に演出担当のスタッフがテストする様子を見守っていたメンバーでしたが、駆け抜けるよりも先に水に沈んでいってしまうハプニングに大爆笑!

スタッフが再度挑戦するも、なかなか進歩が見られず、次第に不安が増すなか、「俺はムリでも、ももクロならできる!」と根拠の無い励ましの言葉をおくり、メンバー一同困惑するという一幕もありました。

そして迎えた本番さながらのリハーサル。いよいよももクロがプールでのゴザ渡りに初挑戦することに。

尻込みしてなかなか走りださないメンバーに、スタッフが「行きなさいよ!」とげきを飛ばすと、ようやく高城が先陣を切ってスタート。

そのあと玉井が続き、百田はなんとゴールまで渡りきる運動神経のよさを披露! そんななか、スタート地点から一歩も動かない佐々木彩夏の姿が。

結局、佐々木はゴザの途中まで行ったものの、残りはプールのなかを歩いて移動することに。メンバーそれぞれの個性があらわれたチャレンジとなりました。

◆百田、メンバーの顔写真入りのTシャツで会場入り

そして迎えた本番当日。カメラに向かって「おはようございます!いってきます!」と元気な挨拶とともに会場入りするメンバー。

百田はメンバーから誕生日プレゼントでもらったという、ももクロの顔写真入りのTシャツを着て登場。佐々木は「夏菜子ちゃんがうちらに誕プレで自分の顔が入ったTシャツをくれるので、お返しにあげた」と裏話を明かしました。

本番前に「私たちも皆さんもそうだと思うんですけど、今年の夏は“夏を感じられる”機会が少ないので、この暑ささえも楽しめるように、本番も息を合わせて頑張りたいと思います」と挨拶した百田。舞台裏の様子から、メンバー、スタッフが一丸となってライブをつくる様子がうかがえました。