有名人が「いいね」しているのは一体どんな人なのか。SNSの「いいね」の裏側に迫るバラエティ番組『いいねの森』。

MCを務める渡辺直美、平成ノブシコブシ・吉村崇、青山テルマの3人は、これまでまさに“森”のように奥深いSNSの世界を覗いてきた。そんな『いいねの森』2021年最初となる、1月6日(水)の放送では、オープニングトークで吉村が2021年の高額買い物願望をぶっちゃける。

「2021年、ほしいものはありますか?」と渡辺に聞かれた吉村は、ある大先輩に車の買い替えをすすめられており、2021年は3,500万円の超高級車マクラーレンの購入が目標だと告白する。

その額を聞いた渡辺とテルマは「月収2,000万円、もらってるんでしょ? そう聞きましたよ!」「貯蓄10億円でしょ?」(渡辺)、「吉村さんなら一括で買えるじゃないですか?」(青山)とカマをかけるが、吉村は「そんなもらってねぇわ!」「買えるわけないじゃん」と全力で否定。「こういうことを言ってると、変なネットニュースになるから!」と2人をけん制する。

◆“一輪車女優”の“その後”に、スタジオ爆笑

そんな仲よし(!?)トークではじまった新年最初の『いいねの森』は、2020年11月、NON STYLE・井上裕介の持ち込み企画「2021年にバズる美男美女」で登場した“一輪車女優”夏目志乃の“その後”を調査する。彼女は、一輪車の元世界チャンピオン。前回登場時、一輪車に乗りながら喜怒哀楽の演技を披露し、スタジオを爆笑の渦に巻き込んだ天然美女だ。

当時は事務所に所属せずフリーで活動していたが、放送後、複数の事務所からオファーが殺到し、所属事務所が決定したと報告。さらに、前回の放送をきっかけに“ある仕事”が決まったと話す。

しかし、事務所の名前や仕事の内容を聞いても、夏目は「ココじゃあ言えない」の一点張り。「言ったっていいじゃない! 番組を軽視しすぎ」と吉村は怒るが、夏目は笑うばかり。

さらに夏目は現在、練習中だという新たな特技“エアギター”を披露するが、それを見た渡辺と青山はなぜか激怒。しかし、その後、渡辺のアドバイスによりその技に磨きをかけることに成功。「すげえいいじゃん!(笑)」「ギターが見えた(笑)」とスタジオは大爆笑に包まれる。

◆あの“シウマイ弁当”マニアがスタジオに出現

さらに、男女3人組ユニット、いきものがかりのギター・水野良樹が「いいね」した人物にも迫る。

神奈川県出身の水野がハマっているのは、同県民のソウルフードでもある超有名シウマイ弁当の“食べ方”を研究する男性のSNS。その彼が、なんとスタジオに登場。MC3人のシウマイ弁当の食べ方をサンプリングしたいと言い出す。

その結果、渡辺はちょっと変わった食べ方をしていることが判明。それには“悲しい過去”が関係していた。

シウマイ弁当にこだわりまくる、この男性の正体。そして渡辺の“秘められた過去”が明らかになる。