くりぃむしちゅー・上田晋也の司会のもと、有田哲平が率いる「有田ナイン」が、ゲストキャプテン率いるチームと知識やひらめき、そして直感を駆使してクイズバトルを繰り広げる番組『くりぃむクイズ ミラクル9』。

2021年1発目となる1月20日(水)の放送で、番組が10年目に突入。ゲストキャプテンに生瀬勝久を迎え、「有田ナイン」と「生瀬ナイン」の大激突を2時間スペシャルでお届けする。

そしてこの記念すべき回に、高畑充希と井浦新、ももいろクローバーZの玉井詩織という豪華ゲストが初参戦をはたす。

1月21日(木)放送開始のドラマ『にじいろカルテ』で共演している高畑と井浦は、ともに有田ナインで参戦。

上田に「2人はかなり打ち解け合っている?」と聞かれると、なぜか一瞬の間があった後に「打ち解け合ってます」(井浦)「相当仲よくなりました」(高畑)と口々に回答。「(2人の間に置かれた)アクリル板よりも分厚い壁がありそうですね」と突っ込まれてしまう。

また、同じく初参戦となるももいろクローバーZの玉井詩織は、「グループのなかではめちゃくちゃクイズが得意」と言い、自信満々。かと思いきや、すぐに「メンバーの(クイズの)基準が世のなかの人に比べてすごく低いので…」とももクロのクイズレベルを暴露する。

それでも、「ももクロもクイズできるんだぞ!っていうところを見せたい」と意気込みを語る。

◆井浦新の意外な姿に、有田が困惑

そんな初登場組の高畑と玉井がファインプレーを見せるなど大奮闘する一方で、意外な姿を露呈する展開となったのは井浦。

「100人アンケートクイズ」のコーナーで、有田ナインは「10代から60代の働く男女100人に質問 長い期間同じものを使い続けている文房具といえば?」というアンケート問題に挑戦するも、井浦が「1位を狙っていきたい」と言いながら出した解答にスタジオは騒然。これには高畑も思わず「何言ってるんだと思いました」とコメントする。

さらに「漢字でヒント!クロスワードクイズ」のコーナーで1番手の解答者となった井浦は、また新たな姿を披露。有田キャプテンも「変なことを言うだけじゃなく、そういうことも!?」と困惑する。

◆すゑひろがりず&和泉元彌が奇跡のコラボ

また今回、狂言師の和泉元彌と、狂言を取り入れたネタで大ブレーク中のすゑひろがりずが初共演。

上田に「ちゃんと挨拶はしたか?」と聞かれたすゑひろがりずの2人だが、なんと和泉に対してセットの上から挨拶をするという失態を犯していたことが判明し、慌てて土下座で挨拶をしなおす場面も。

そんな和泉とすゑひろがりずが、まさかの狂言ネタのコラボレーションを披露する。

さらに今回は、昭和から令和まで古今東西の略語を答える新コーナー「正しく答えて!略語クイズ」も登場。

2020年に流行したものや、懐かしのもの、今どきのものまで、画面に出てくる略語のなかから1つを選んで略さずに答えるクイズに、クイズの強者のカズレーザー(メイプル超合金)や宮崎美子も「何それ!?」を連発する。