1月22日(金)深夜に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV 〜VOCE』は、「メイク、ヘア、ボディ、2021年プロがやってる最新テク!」と題してお届け。

“ボディ”編では、「おうちでできる!カサカサ肌のボディケア」がレッスンされました。

教えてくれたのは、美容家の小林ひろ美さん。豊富な美容知識はもちろん、ユニークで効果的なレッスンが多くの女性の支持を集め、雑誌、テレビなど、さまざまなメディアで活躍中です。

今の時期、ヒジやヒザなどの乾燥が気になるという人も少なくないのでは?

「陶器肌のようなツルッとした肌を目指すべく、しっかり角質のケアをしながら有効的なトリートメントをしていきましょう!」と小林さん。レッスンスタートです!

最初は背中のボディケア。「お風呂に入りながら簡単にできちゃうやり方です!」とのこと。

まずは、クレンジングオイルを背中のザラザラが気になる部分につけます。

さらに、手が届かないところにキッチン用の“ゴムベラ”を使うのが小林流。

「意外に思うかもしれないけど、この長さとしなり具合が背中にジャストフィットして、何かと使えるんです」ということです。

そして、熱めのお湯につけてしっかり絞ったホットタオルを背中にかぶせます。約1分、そのまま置きましょう。

「油が脂を浮き出して、そこにスチーマーがのったような形になるので、しっかりと汚れを出すことができるんです!」

1分ほどホットタオルで背中を温めたら、シャワーで流してタオルで拭き取ります。

「背中に詰まったのをディープクレンズしてあげるとすごく毛穴がツルツルになって、背中を触ったときにザラザラになりにくいので、オススメです!」と小林さん。

毛穴のそうじをしたら、次は保湿。クレンジングをしたら、必ず倍の保湿をしていきます。保湿には、ゴムベラとゴム、コットンを使うそう。

「コットンを1枚か2枚挟んでもらって、輪ゴムでとめます。そうすると即席背中用の保湿パッティング機ができあがります!」とのこと。

さらに、「しっかり保湿をしながら、毛穴の詰まりみたいなものをとりながらキュッと引き締めたいので。できたら収れん化粧水がいいなぁというふうに思っています!」と小林さん。

ということで、今回使うのがこちら。

コットンの両面にたっぷり化粧水をつけて、そのまま背中を保湿しましょう。

「普段あんまり手が届かないところだからこそ、やることですごく差がつきます。ぜひ背中のポツポツザラザラのケア、こういうやり方でトリートメントしてあげてください!」

◆“ヒジ”と“ヒザ”のボディケア

ここからは、ヒジとヒザのボディケア。

最初に使うのは、尿素入りのクリームです。「尿素クリームは1つもっておくと、角質ケアにぴったりなので、オススメですよ!」とのこと。

これをアメリカンチェリーサイズくらい手に出して、そこへ美容オイルを1〜2滴ブレンドします。

手のひらでよくなじませて、手のひら全体を使って丸く円を描くようにしながらガサガサになりがちな角質をしっかりとほぐしてあげましょう。

クリームが塗れたら、ラップで包みます。

さらに効果を上げるなら、その上からホットタオルをのせると角質もよりほぐれやすくなります。

そのまま3分待ち、ラップを剥がして、ハンドプレスで馴染ませましょう。

ヒザもヒジと同じ“関節”なので、同じように手のひら全体を使って回すようにつけてあげるのがポイントです!

「1回でもやわらかくなるから、連続でやってあげると驚くほど肌がふっかふかになって、すごくオススメのケアですよ!」と小林さん。おうちで簡単にケアできるので、試してみてください!