華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしちゃう石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

1月29日(金)の放送では、ちさ子があおり運転を“体験”する場面があった。

大きな事故につながることもあり、社会問題化しているあおり運転。そんなあおり運転をヴァーチャルの世界で体験できるドライビングシミュレーターがあるという。

スタジオでは、3人がVTRにちなみ、それぞれあおり運転についてトークを展開した。

コメンテーターとして出演する『モーニングショー』で、あおり運転のニュースをよく目にしているのは良純。一茂も同番組で同様のニュースを観ているそうで、「あおるやつは精神的に不安で余裕がない。ヨガをやれ」と持論を述べる。

一方、ちさ子はあおり運転された体験こそないものの、高速道路では猛スピードで前の車を追い抜こうとする車をよく見かけるそう。珍しく弱気な様子でそのときの様子を語った。

そこで、あおり運転に遭遇した際の回避法などを学ぶドライビングシミュレーターに試乗してみることに。

はじめこそ「あおられたことがトラウマでもうハンドル握りたくなくなっちゃったらどうしよう…」と不安げなちさ子だったが、いざハンドルを握るといつものちさ子節全開。

あおり運転の車両に絶叫しながら「この野郎!」「邪魔くさいな!」と怒りをあらわにし、パッシングされると「おまえふざけるなよ!」と怒号を飛ばした。

しかし、冷静さを忘れて前方で進行を邪魔する車両にぶつかってしまう“事故”を引き起こすと、「メッチャ怖い」とあおり運転の恐怖を実感していた。