「ももクロちゃんと、〇〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。

2月12日(金)放送の同番組は、「30歳」をテーマにお届け。

20代半ばに突入し「30歳」が“チラつく”というももクロメンバーたちが、30歳になったばかりの弘中綾香アナウンサーをゲストに迎え人生相談。さまざまなアドバイスを受ける。

◆弘中アナ、30歳までに「いろいろな恋をしてほしい」

“玉井推し”モノノフ(ももクロのファン)の弘中アナは、私物の玉井詩織レプリカジャージを着て「30歳だよ!」とハイテンションで登場!

実は、番組放送日の2月12日は弘中アナの30歳の誕生日。ひとつの人生の節目を迎えるが、「意外と何も変わらない」と心境を明かす。

今回ももクロは、そんな弘中アナから30歳までに身に着けておきたい人生テクニックを学んでいくことに。

さっそく、数々のバラエティ番組に出演する弘中アナに、玉井が「視聴者の印象に残るためのテクニックを知りたい」と相談。

すると弘中アナは、「大きな文字のテロップになることを言う」など日ごろ実践しているテクニックを伝授! これに、ももクロはもちろん、弘中アナの先輩で番組の進行を務めている寺川俊平アナウンサーも「すごい!」と興味津々だ。

寺川アナはさらに、後輩・弘中アナの“すごさ”について同僚ならではの目線で深い考察を語っていく。

そして、玉井がプライベートに踏み込んだ質問をぶつけ、弘中アナから本音を引き出す場面も!

「30歳になるまでに、プライベートでやっておいたほうがいいことは?」と尋ねる玉井に弘中アナは、「本心で話すと、いろいろな恋をしてほしい」と包み隠さず本音を回答。

真剣な表情で語られる、そのアドバイスの真意とは? そして、そんな“恋のすすめ“に、ももクロメンバーたちの反応は…?

番組ではさらに、ももクロメンバーが「30歳になる前にやりたいこと」を発表。

それぞれの夢や目標が語られるなか、最年少の佐々木彩夏は、30歳を迎えるまでに“あること”に挑戦したいと話す。

“お嬢様”なイメージが強い佐々木の、意外な願望が明らかに!