千鳥・ノブ&弘中綾香アナウンサーの“ノブナカ”コンビが、思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組『ノブナカなんなん?』。

2月27日(土)の放送では、レギュラー放送前の特番第2弾で「新人大食い女ってなんなん?」としてその生態を紹介した女性・牛乳ちゃんのその後を追跡する。

前回の内容を振り返りつつ、明らかになったのは、彼女が行方不明になっているという衝撃の事実。今どこで何をしているのか、そもそも無事なのか。スタッフが全力で捜したその一部始終をお届けする。

2019年10月の放送時、新世代の大食いYouTuberが急増しているとのことで取り上げたのが牛乳ちゃん。本当に大食いなのかと驚くほど痩せていた彼女は、大食いYouTuberになってまだ4か月という新星だった。

かなりの人見知りらしく、なかなかカメラに目を合わせてくれない牛乳ちゃん。さっそく自宅で大食い動画を撮るとのことでお邪魔すると、テレビの取材が入っているにもかかわらず最初から最後までテンションは低め。

この日は寿司100貫に挑戦したものの、大食いといえば大食いながらとにかく食べるのが遅い。大食いYouTuberと言いながら名ばかりの牛乳ちゃんに、MCの2人に加え、この日のゲストだった尼神インター・誠子や俳優の吉沢亮も終始笑わされっぱなしだった。

◆捜査から8か月、ついに本人とのコンタクトに成功!

番組スタッフが、再度牛乳ちゃんに登場してもらおうと所属事務所にオファーの電話をしたときのこと。当時マネジャーを務めていた男性から「実は牛乳ちゃんとまったく連絡がつかないんです」 という驚きの返事が。

詳しく話を聞くと、前回の出演の直後、芸能界の仕事を辞めたいとLINEで連絡があったきり、住んでいた部屋も引き払い姿を消してしまったという。

さらに、自身がYouTubeに開設していたチャンネルに加えて、SNSも一切削除という徹底ぶり。まさかの展開にノブや誠子も「こういうギャルの失踪は怖えよ!」「事件の匂いがする」と心配顔だ。

そこで番組では勝手に「牛乳ちゃん捜査本部」を設置。捜査開始から8か月後、ついに牛乳ちゃんらしき人物を発見し、コンタクトを取ることに成功した。

彼女は牛乳ちゃん本人なのか、なぜ突然大食いYouTuberを辞めたのか、そして現在どんな暮らしを送っているのか…。

ノブも「え!? なんなん?」を連呼しつつ、思わず「牛乳ちゃんの虜になってきた」と語った想像をはるかに超える近況をお届けする。