日本人が日本の空を飛ぶことを許されていなかった戦後、空への純粋な憧れから、パイロットになる夢を持っていたヒロイン・佐野小鞠が当時の最先端の仕事である“エアガール”となって奮闘する姿を描く大型スペシャルドラマ『エアガール』。

広瀬すずが戦後初のCA(キャビンアテンダント)役に挑むことでも話題の同作。

3月20日(土)の放送を前に、主演・広瀬のほか、坂口健太郎、藤木直人、吉岡秀隆らメインキャストが登壇し制作発表記者会見が行われた。

広瀬がまっすぐなまなざしで演じるのは、好奇心旺盛でキュートな主人公・佐野小鞠。そんな小鞠と淡い恋を繰り広げるパイロット志望の青年・三島優輝を演じたのが坂口健太郎だ。

また藤木直人は、終戦後、吉田茂首相の右腕としてGHQと渡り合った実在の人物・白洲次郎を熱演。そして吉岡秀隆は、のちに“日本航空事業の父”とよばれる実在の人物・松尾静麿をモデルにした松木静男というキャラクターを演じている。

このほかにも同作には、小鞠と同期のエアガールにふんする山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花らフレッシュなメンバーや、田中哲司、鶴見辰吾、真飛聖、橋爪功、松雪泰子といった熟練の演技派たちが集結。

これまでのテレビドラマのスケールを超えた圧巻のキャストが勢揃いし、史実に基づいた壮大な物語を描き上げている。

◆広瀬すず、所作指導で「CAさんは気配りの塊」と実感

会見では、登壇した4人が撮影秘話をそれぞれ報告。

本作でCA役に初挑戦した広瀬は、クランクイン前に現役CAから所作指導を受け、「CAさんは“気配りの塊”だなと思いました。印象的だったことのひとつが、“お客さまに無駄な筋肉を使わせない”という接客の姿勢です。おしぼりやコップを手渡すときの角度が、お客さまにいちばん近い距離なんです!」と“おもてなしの心”に感動したことを明かした。

坂口もまた、「最初にパイロットの勉強をした時点で、気配りの精神がすごく美しいな、と感じました。それまで当たり前のように飛行機に乗っていたので、その礎を築いた時代にこんなにも大変なことがあったのか!と強く感じました」と、戦後日本の空を切り拓いた人々の熱意に思いを馳せる。

また、実在の人物である白洲次郎を演じることにプレッシャーを感じていたという藤木は、「吉岡さんとは20年前、刑事役と犯人役で対峙したのですが、吉岡さんがそれを覚えていてくださったのが、すごくうれしかったですね。対立する役って、どこかに信頼関係がないと演じづらいなと思っていたので…」と、吉岡と久々に共演できた喜びを語る。

これに吉岡も「ボクは白洲次郎が好きなので、藤木さんが演じてくれてうれしかったです」と応じ、「今だからこそ、困難な時代に未来を見つめ立ち向かっていった人たちがいることを見ることができるのは贅沢なこと」と、作品への思いを語った。

◆「バスケの監督になりたかった」広瀬すず、小学生時代の夢を告白

会見では、夢に向かってまい進するヒロイン・小鞠にちなんで、4人が小さい頃の夢も発表。

広瀬はバスケットボールの監督になりたかったと明かしたが、その理由は「小学校時代のチームの監督が怖すぎて、怒られずにバスケを続けるためには監督やコーチになればいいんだ!と思いつきました(笑)」という意外なもの。

坂口は、大好きな祖母のために介護士になりたいと文集に書いた過去を答えたほか、藤木は「消防士やスタントマン」を夢見ていたことを打ち明けたが、なかでも会場を沸かせたのが、この作品にピッタリな「実はパイロットです…」という吉岡の答え。

「ドラマ『北の国から』の撮影が終わったあと、ハワイに連れて行っていただいたのですが、夜、機内で眠れずにいたら、CAの方が操縦室に連れて行って下さり、ナイショでパイロットの席に少しだけ座らせてもらって…航空事業に関わる人たちって紳士でカッコいいなと思いました」(吉岡)

そんな吉岡の子役時代の思い出話を聞いた一同は、ここでもCAの素晴らしい気遣いに感心していた。

さらに会見では、“空”に憧れと夢を抱く主人公にあやかって、願い事を書いた紙飛行機を飛ばすイベントも。

広瀬が書いた願い事は、「爪が割れやすくなりませんように」。「ドラマの撮影で手元のシーンがあるので爪も大事だなと思って…」とその理由を打ち明ける。

坂口は「どうしてもくしゃみが出ちゃうので、これが今の目標です」と「花粉症克服」の5文字をしたため、藤木と吉岡はそろって「世界平和」とつづり、劇中では対立する間柄だが、同世代の俳優として固く信頼しあっているところをうかがわせた。

和気あいあいと進んだ会見の最後、広瀬は「エネルギーがたくさん詰まった作品です。当時の人々の熱い思いが、とても丁寧に描かれています。ぜひ多くの方に見ていただけたらうれしいです」と思いを込めて挨拶。制作発表をしめくくった。