何をしても壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂)はある日、大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会う。

友だち以上恋人未満な関係になった矢先、不慮の事故で巴は帰らぬ人に。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん(井浦新)だった…。

4月30日(金)スタートの『あのときキスしておけば』(あのキス)PR動画のメイキング映像が、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」と動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」にて公開された。

ドラマ『あのキス』公式SNSでも公開されている今回のPR動画。

スタイリッシュなスーツに身を包んだ松坂が、ゴージャスな赤いドレス姿の麻生とキスをしようとした途端、その相手が井浦の姿に変わってしまい、そのままソファに押し倒され…。

15秒バージョンのソファに3人並んで座ったショットでは、麻生とキスしようとする松坂の顔を、井浦が「そっちじゃなくて、こっち!」と言わんばかりに振り向かせる…というドラマを象徴するような展開。

一方、30秒バージョンでは2人のヒロインに取り合われ、手足をぐいぐいと引っ張られて、困った悲鳴を響かせる松坂の姿が…。

「オトナの恋愛っぽく」という監督の指示を真剣な表情で聞きながらイメージを作っていく松坂の様子や、照れながらもカメラに向かって艶っぽいキス顔を作る井浦。そして“W(ダブル)巴”にソファに押し倒されあわや…!

桃地を取り合う“W(ダブル)巴”に「あぁ〜」と情けない声を上げる松坂など、貴重な撮影現場の様子を存分に覗き見できる。

さらに、クールで大人な雰囲気満載のスチール撮影の様子も。「オジ巴かわいすぎ〜」と麻生久美子も悶絶したキス顔とは?

“ポンコツなスーパーの店員・桃地”という設定を思わず忘れてしまいそうになるメイキング動画で、一足早く『あのキス』の世界観を覗いてみては?