4月9日(金)、鈴木おさむが脚本を手掛ける2週連続ドラマ『殴り愛、炎』の後編を放送。

最愛の婚約者・豊田秀実(瀧本美織)と緒川信彦(市原隼人)が熱いキスを交わす現場を盗み見してしまった明田光男(山崎育三郎)。人生ではじめて拳を振り上げた光男は、信彦を殴り、怯える秀実を連れ帰る。

愛する秀実を自分のもとにつなぎとめたい一心で、“常軌を逸した行動”を繰り返す光男。

そんななか、ついに覚悟を決めた秀実と信彦は、愛の逃避行を企てる。

逃げる2人。迫りくる光男の影…。

◆後編 あらすじ

最愛の婚約者・豊田秀実(瀧本美織)が高校時代に想いを寄せていた陶芸家・緒川信彦(市原隼人)と熱いキスを交わす現場を盗み見してしまった凄腕心臓外科医・明田光男(山崎育三郎)。

歯止めの効かない嫉妬の炎はかつてないほど燃え上がり、光男はついに人生初の拳を信彦に向けて振りかざした!

愛する秀実がほかの男に惹かれてゆく現実を認められず、信彦が秀実を洗脳した、と言い張る光男。もはやまともな精神状態ではない光男は「僕が解放してあげるよ」と不気味にささやき、怯える秀実を連れ帰る。

この出来事を機に、光男はさらにエスカレート。盗撮した信彦とのキス動画を秀実に見せるなど、常軌を逸した言動で秀実を震え上がらせる。

さらには、信彦が奪いに来るかもしれないと言い、秀実を山中の農具入れに閉じ込めてしまう!

なんとか隙を見計らい、逃げ出した秀実は信彦の工房へ。

「私は信彦さんのことが好き!」

胸の内に収めきれなくなった恋心をぶつける秀実。そんな彼女と共に、覚悟を決めた信彦は愛の逃避行を企てる。

光男から逃れるため遠く、どこまでも遠く…。やがて人気もまばらな海辺の町にたどり着く秀実と信彦。

だが、秀実がいなくなったことに気づいた光男は、自分に想いを寄せる幼馴染・徳重家子(酒井若菜)の協力のもと、躍起になって2人を捜索。やがて光男は2人がいる町に舞い降り…!?

はたして秀実と信彦は、いびつな愛に身を焦がす光男から逃げ切ることができるのか。

最後の最後まで予測不能! 交錯する激愛が迎える衝撃の結末とは一体…!?