4月30日(金)にスタートする、松坂桃李主演、大石静脚本で描かれる衝撃の“入れ替わり”ラブコメディー『あのときキスしておけば』(=『あのキス』)。

壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂)はある日、大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、お近づきに。あれよあれよと気に入られ、友だち以上恋人未満な関係になった矢先、不慮の事故で巴は帰らぬ人になってしまう。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん(井浦新)で…!?

松坂がキャリア史上“最ポンコツ”なキャラクターとはじめてのラブコメディーに挑む、『あのキス』のメインビジュアルがついに公開された。

主人公が好きになったヒロインの魂がおじさんに乗り移ってしまう…というドラマの展開とは裏腹に、オトナな雰囲気満載に仕上がった『あのキス』のメインビジュアル。

大人の男女の恋愛モノか、はたまたドロドロの三角関係を描いたサスペンスか。そんな想像まで膨らんでしまうほどドキドキ感満載の予感がする『あのキス』ワールド! 前代未聞の“入れ替わり”ラブコメディーが、まもなく開幕する。

◆初回の見どころがたっぷり詰まった“特報”も解禁!

ドラマ本編は初回から衝撃展開が盛りだくさん!

この度、そんな本編のみどころを惜しみなく、たっぷりと詰め込んだ2分におよぶ”特報“を特別先行公開。

桜吹雪が舞い散るなか、井浦新演じるヒロイン・巴(田中マサオ)が大号泣。彼(彼女?)の身に一体何が?

そして初回から、なんと主人公・桃地のわくわく楽しげなお風呂シーンも…。

真っ赤なコートにハイヒールの巴は、激しいハイキックをかましつつ、桃地を押し倒し?

さらにはムード満点の夜景をバックに、往年の“月9”を彷彿とさせる、トレンディなキスシーンまで!

松坂の大絶叫が印象的な、一瞬も目が離せない特別予告編となっている。