4月12日(月)放送の『10万円でできるかな』は、豪華ゲストが続々登場する“激アツ”3時間スペシャル。

強運ゲストが次々と挑んできた「1000円ガチャ」企画には、超カリスマ声優4人が参戦!

アニメを愛してやまない宮田俊哉(Kis-My-Ft2)と共に番組初登場の新台ガチャにチャレンジするそのメンバーは、梶裕貴、蒼井翔太、浪川大輔、石川由依だ。

豪華すぎる顔ぶれに、宮田も「いつもの元気が120%だとしたら、2500%いきました!」とニヤケ顔が止まらない。

そんな宮田は、まず梶&蒼井と共に東京・お台場へ。

「心臓の弱い方はお控えください」との注意書きが添えられた怪しい新ガチャに挑む。トップバッター・梶は「本当に嫌だ(笑)」と慄きながらも、自らが声を務めた『進撃の巨人』の主人公エレン・イェーガーの名ゼリフを“宮田バージョン”にアレンジして発し、ガチャを回すことに。

商品が出る前から、宮田が「10万円以上の価値がすでにあります!」とテンションを爆上げするなか、いきなり金カプセルが出現する!

かたや、蒼井も得意の超ハイトーンボイスを繰り出し、しょっぱなから金カプセルをゲット。快進撃の予感満載の滑り出しを見せるが…? 一方、浪川&石川は宮田と一緒に千葉・幕張へ。とんでもない強運ぶりを発揮する。

この番組でしか見られないカリスマ声優×アニメ大好き宮田のハイテンションロケ、そしてアフレコ現場のマル秘舞台裏や声優陣のスゴ技にも注目だ。