東京に数多くある坂道を、俳優の吹越満による「この坂もまた、実に走りたくなる坂である」というおなじみの紹介ナレーションとともにひたすら全力で駆け上がるという、唯一無二のバラエティ番組『全力坂』。

2005年4月から放送を続けている同番組が、4月24日(土)にスタートするオシドラサタデー『コタローは1人暮らし』とのコラボレーションを実施。

子連れ入居禁止のアパートで自堕落な日々を送る主人公の売れない漫画家・狩野進(横山裕)の隣にひとりで引っ越してくる何やら訳ありな5歳児、さとうコタローを演じる子役・川原瑛都が、4月21日(水)と22日(木)の『全力坂』にランナーとして初登場する。

現在7歳の川原は番組最年少ランナーとなり、これまで加藤清史郎がもっていた10歳での挑戦記録を3歳更新することに。

そんな川原は、本日21日(水)に「馬坂」、明日22日(木)に「久本一丁目の坂」という、神奈川県川崎市にある2つの坂に挑戦。東京から飛び出した川原が『コタローは1人暮らし』の役衣裳そのまま、全力疾走で元気いっぱいに駆け抜ける。

無事走り終えた川原は、「『馬坂』は、思ったより坂が急でびっくりしました! 『久本一丁目の坂』は、大変そうでしたが、のぼったらすごく楽しかったです!」とにっこり。

駆け上がりきった後、息が上がりながらもカメラに向かって見せる川原のかわいいキメ顔にも注目だ。