4月30日(金)に放送される『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、「新食リポーターGP」を開催。

この春、『かりそめ天国』の食リポを支えてきたハナコ・岡部大が番組を卒業。“空き”が出た同枠獲得を賭けて、3人の芸人が食リポで火花を散らす。

今回の舞台は、2021年に東京進出したばかりの地方発・超人気店3店。はたして、“新食リポーター候補たち”は名店の味をうまくリポートできるのか?

1人目のエントリーは、初登場のニューヨーク・嶋佐和也。

食リポ経験は少ないとのことだが、ワードセンスを意識し、自分ならではの“新しい食リポ”を届けたいと静かな闘志を燃やす。

そんな嶋佐、意気込みどおりに凝った例えの数々を披露するが…。

2人目は、こちらも初登場の金の国・渡部おにぎり。事務所の先輩でもある前任者・岡部からプッシュがあった、いわば“推薦枠”だ。

この日がほぼ初食リポとなった渡部おにぎり。岡部の食リポを見て備えてきたというが、はたして先輩が残した“置き土産”の実力は?

そして最後にエントリーするのは、1年半ぶりの登場となる三四郎・小宮浩信。ウンチクを交えながら食リポを進めるも、店の人から手痛い指摘を受ける展開に!

さらに小宮の舌に“バグ”が発生し…。

はたして、岡部の後継者となる者は現れたのか? 爆笑必至の食リポとともに必見だ!