5月5日(水)の『徹子の部屋』に、竹内涼真が初登場する。

5歳からはじめたサッカーでプロを目指していた竹内。20歳で俳優になり、21歳のときに『仮面ライダードライブ』に主演し子どもたちの憧れの的に。

そこで黒柳徹子のおねだりにこたえ、竹内が久し振りに“変身ポーズ”を披露する。

現在、大活躍の竹内だが、俳優を目指したのは10代の挫折がキッカケだった。

大学生時代、プロのサッカー選手になる夢が叶わないと思い知り、自分のやりたいことを探した竹内は俳優になる決意をしたという。

また、「家族が大好き!」という竹内は両親と妹弟の5人家族。

一番の仲良しは父方の祖母で、子どものころから毎週日曜日は祖母と祖母の姉と、新宿で買い物をして“お茶会”をしていた。

そんな祖母と両親から竹内に「お願い」が届く。